犬山城マイスター! たかまる。の、犬山城の見どころを『解体する』ウェブ

犬山城のことを『バシバシ』お届けする、専門メディアです。犬山城の見どころ満載!

『犬山城外堀跡の復元を目指す会』を立ち上げました!


スポンサーリンク



『犬山城・外堀跡の復元を目指す会』を立ち上げました!


犬山城の大切な遺構を守り、そして復元整備してほしい。
そんな思いをもって、この会を立ち上げました。

今回のブログは、この話です。


 
f:id:takamaruoffice:20180617173446p:plain
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

◆ この会を立ち上げるに至った経緯

 
『誰かが声を上げなければ!』
 
 
この度、犬山城跡が国史跡に指定されたことは、犬山市をはじめとする関係者のご尽力によるものであり、
とても喜ばしいことです。
 
その一方で、名鉄犬山ホテル敷地内にある外堀跡や新郷瀬川河口の丑寅櫓跡、福祉会館一帯の大手門跡も犬山城の貴重な遺構と思われますが、
現状では史跡の指定範囲外となっています。
 
福祉会館一帯の大手門跡や名鉄犬山ホテルの敷地内にある外堀跡は、
学識経験者と犬山市などで構成される「犬山城城郭調査委員会」が2008年から発掘調査や文献調査などを行い、
その歴史的価値が証明された場所です。
 
また、当該場所も史跡の範囲にするか否か議論がされていたと聞き及んでいます。
 
 
犬山城跡のみならず、全国で文化財の保存活用が積極的に行われる一方で、
文化的・歴史的価値のある遺構が破壊されたり、改変されたりしているところもあり、
大変問題となっています。
 
 
そのような状況の中、先日(2018年6月4日)、
名古屋鉄道がイギリスのインターコンチネンタルホテルズグループと提携し、名鉄犬山ホテルを建て替えるとの報道がありましたが、
名鉄犬山ホテル敷地内にある「外堀跡」がその工事によってどのようになるのか現在では全く不透明であり、大変懸念しています。
 
 
そこで、これらの諸問題を行政をはじめとする関係団体、土地の所有者や運営会社などの関係者への働きかけをし、
名鉄犬山ホテル敷地内にある「犬山城外堀跡」を整備・復元するを目的とした当会を設立するに至りました。
 
 
ちなみに、下のブログも参考に見てもらえると、この経緯がより理解してもらえると思います。
www.takamaruoffice.com

 
 
 
 
 
 
 

◆ 当会の活動方針

 
 
当会は、以下の考えを持ち、実現に向け活動していきます。
● 名鉄犬山ホテル敷地内にある「外堀跡」は国にとっても大変重要な遺構だと考えます。
● 名鉄犬山ホテル建て替えにともない、当該場所を保存・整備していくことを強く要望します。
● 名古屋鉄道やホテル運営会社など、当該場所にかかわる企業または団体に、当該場所が重要な遺構であると認識していただき、保存・整備していただけるように活動します。
● 当該場所の扱いについて、市と関係団体や企業が互いに建設的な協議が行われるように活動します。
● 今後、当該場所が国史跡に追加指定されるための活動を行います。
 
 
 
 
 
 

◆ 共感・共鳴してくれる方を広く募ります!

 
 
当会は、上記の考え方に共感・共鳴していただける方、ご参加・ご協力いただける方を広く募っています。
あなた様のご参加と行動を、心よりお待ちしています。
 
 
Facebookで『犬山城外堀跡の復元を目指す会』というグループページも開設しました。
そちらでの参加もぜひお願いします!
 
 
goo.gl
 
 
 
 
 
それとは別に、当会の事務局としてともに活動していただける方を募集します。
興味のある方はご連絡ください。
 
 
代表:関 隆一 (犬山城マイスター!たかまる。)
電話:080-51-5-1770
Mail:takamaruoffice@gmail.com
 
 
 
 
 
 

◆ 復元出来たら、犬山は大きく前進する!

 
 
『犬山城・外堀跡が復元できたら、犬山は大きく前進する!』
 
 
本気でそう思っています。
外堀跡を復元すればよいということではないですが、そこを目標に活動することで、
犬山市民や犬山市にかかわる人々、そして周りのみんなが変わる。
 
 
 
ちなみに、犬山城復元計画ってのを、たかまる。が書いていますので、
そちらも併せて見てやってください!
 
www.takamaruoffice.com

 
 
 
 
 
すごいことになりますよ、きっと。
 
みんなで、外堀跡を見ながら談笑できる日を夢見ています。
頑張りましょう!

 
 



f:id:takamaruoffice:20180618162438j:plain 
 
ということで、今日はここまで。
 
 
では、また!
 
 
 
 
 
 
 

2018年06月18日
たかまる。

 
 
 
 

  • 写真はすべて、たかまる。が撮影したものです。
  • 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
  • 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。