たかまる。の、犬山城の見どころを『解体する』ウェブ

犬山城のことを『バシバシ』お届けする、専門メディアです。犬山城の見どころ満載!

掘ったら出てきた、出てきたぞー!【犬山城シンポジウム ルポ】Vol.2

 
 
先回、『犬山城は謎だらけ』と題して、
犬山城シンポジウムの前段をルポしました。
まだ読んでないよーという方は、こちらをチェックしてください!
 
犬山城は謎だらけ 【犬山城シンポジウム ルポ】 Vol.1
 
http://www.takamaruoffice.com/entry/%E7%8A%AC%E5%B1%B1%E5%9F%8E%E3%81%AF%E8%AC%8E%E3%81%A0%E3%82%89%E3%81%91%E3%80%90%E7%8A%AC%E5%B1%B1%E5%9F%8E%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%82%A6%E3%83%A0_%E3%83%AB%E3%83%9D%E3%80%91Vol.1www.takamaruoffice.com
 
 
 
2017年1月22日、犬山市の 『犬山国際観光センター フロイデ』 で開催された犬山城シンポジウムに参加してきました!!
 
で、今回は2回目。
『掘ったら出てきた、出てきたぞー!』
と題して、レポートします。
 
発掘調査の成果について、
愛知県埋蔵文化財センター調査研究専門員の鈴木正貴先生が
『発掘調査からみた犬山城
と題して発表されました!
 
うん。
発掘調査とかやったことないので、専門用語が出てきてもわからなかったんですよね~(笑)
とか言っちゃうと怒られちゃいますが、
そこはさすが鈴木先生
丁寧に説明していただけました。
 
 
今回のブログは、そんな話です。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

◆ 東は『切岸』

 
まず、城山の東側。
ここには、急斜面を人工的に作った跡がありました。
いまは、土砂が堆積してなだらかな坂になってしまっているようですが、
確かに、人工的な急斜面があったんですね。
山の斜面を削り出して、急峻な断崖を作り出しているとか。
 
これは、
『切岸』  (きりぎし と読みます)
と呼ばれるもので、東側の防御施設の一つです。
今は危険なため、立ち入り禁止になっています。
 
が!
 
わたし、実は行ったことがあるんです。
去年(2016年)の12月に千田先生と歩くツアーがありまして、
そのときに、特別な許可を得たとかで入らせてもらえたんです。
奇跡ですよ!
でも、普段は入れないんです。
残念 ( ;∀;)
 
 
ということで、
城とまちミュージアム
にある模型の写真で説明します。
 
 
 
 

f:id:takamaruoffice:20180120095208j:plain
城とまちミュージアムの模型・犬山城全景

  
 
この写真の右側。
山の中腹辺りに道がありますよね。
その山が削れて断崖になっているの、わかりますか?
 
 

f:id:takamaruoffice:20180120100318j:plain
東の防御・切岸
 
 
こんな感じ。
これは反対側から取った写真。
木曽川の方からの画です。
 
 
 
f:id:takamaruoffice:20180120100018j:plain
切岸を東側から見てみる
 
 
これ!
切岸
 
人の手で削ったんですよ。
すごいですねぇ。
これが今回の発掘調査では、これが発見されたということです。
 
まぁ、あったのはあったんですけど、
ちゃんと調査してなかったから、今回調査したというのが本当のところでしょうけどね。
 
それもそうですが、
せっかくの切岸。
見れるように整備してほしいですよねぇ。
こんな切岸がみれるところなんて、そうそうないですから!
 
 
 
 
 

◆ 西は『掘』

 
一方、逆の西側には堀がありました。
 
 
 
これも発掘調査で出てきました。
本丸から樅の丸に伸びる堀跡です。
土塁との高低差は約3m、堀底の幅は約3.5mあるそうです。
 
 
 

f:id:takamaruoffice:20180120100540j:plain
西側の空堀
 
 
ちょっとわかりにくいかもしれないですね。
真ん中のあたり、凹んでいるのわかります?
わかりにくいので、こちらも「城とまちミュージアム」の模型で。
 
 
 
f:id:takamaruoffice:20180120100813j:plain
城とまちミュージアムの模型で空堀を見てみる
 
 
ちょっと水色になったところ。
これが堀です。
 
 
f:id:takamaruoffice:20180120100912j:plain
空堀を拡大して
 
 
 
もうちょっと拡大したやつ。
この堀の跡も発見されました。
あと、あわせて土塁の跡、切岸も発見されました。
これで、絵図に描かれていたものの裏付けが取れましたね。
よかった(笑)
 
 
ちなみに、
堀と土塁はワンセット!
て思っていい。
 
何でかって言うと、
堀を作るのに、土を掘りますよね、もちろん。
で、掘った土を横に盛れば、土塁の完成!
ということで、堀と土塁はワンセット。
 
いろんなお城の堀を見たりするときにこう見てみると、
確かに堀の脇には土塁。
土塁があれば堀もあるって感じで発見できます。
と、話が逸れましたので戻します。
 
 
こういう発掘成果を聞いたりすると、
堀れば出てくるじゃーん!
なんで今までやんなかったのよー!
って思っちゃいますよね。
ま、複雑な事情があったんでしょうねぇ。
大人の事情ってやつですか?
 
この堀と土塁。
いまでも遺構として残っているんですが、
これも立ち入り禁止。
危ないからだそうです。
危なくないように整備して、見れるようにしてくれよー!
と、千田先生もおっしゃってました(笑)
 
 
 
 
 

◆ 東西の防御は最強!

 
で、この東西の発掘からわかったことは、
天守の東西を、堀、土塁、切岸という防御施設で
防御していたということです。
 
北 ➡ 木曽川
東 ➡ 切岸
西 ➡ 堀、土塁、切岸
 
三方、鉄壁のディフェンス!
攻めにくそうっていうか、どこから攻める?って思っちゃう。
とにかく、そうやすやすと攻めさせない。
最強の防御を備えていたんですね。
すげーーーーー!
 
 
 
 
さて、
だいぶ長くなってしまったので、続きは次回にします。
まだまだ発掘調査の結果があるんです。
鈴木先生も汗をかきながら熱弁ふるってましたから。
では、また次回。
 
 
 
 
 
ちなみに、
城とまちミュージアムについては、以下のリンクよりご参照ください。
 
  
城とまちミュージアム(犬山市文化史料館) « 犬山観光情報
 
 
 
 
 
 

2017年1月28日
たかまる。


 
 
 
 

  • 写真はすべて、たかまる。が撮影したものです。
  • 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
  • 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。