たかまる。の、犬山城の見どころを『解体する』ウェブ

犬山城のことを『バシバシ』お届けする、専門メディアです。犬山城の見どころ満載!






スポンサーリンク



集合! 犬山城シンポジウム


スポンサーリンク

あけましておめでとうございます。
 
2017年も無事、幕開けしましたね。
 
今年は何か、いろいろなことが起こりそうな予感・・・
 
そんな2017年ですが、犬山城も大きな出来事があります!
今回のブログは、そんな内容です。
 
 
 
 
今回のブログのコンテンツです。

 
 
 
 
 
 

◆  犬山城シンポジウムがあるよ


f:id:takamaruoffice:20180106092935p:plain
f:id:takamaruoffice:20180106093006p:plain







2017年は、
 
犬山城シンポジウム
 
開催です!
 
 
 
私の知りうる範囲での情報としては、
 
 

  • 考古学、歴史地理学、城郭考古学、建築史学の大御所が研究発表を行う。

  • 平成21年度から平成23年度にかけて3度の発掘調査が行われており、一旦調査が終了している。
  • その発掘調査は、犬山城城郭調査委員会が組織され、今回発表される先生方が委員として調査に参加している。

  • ちなみに、城郭考古学の第一人者である千田先生が委員長を務めている。




ということから想像すると、

今回のシンポジウムで一連の城郭調査が終了されるのでしょう。
 
 
 
 
 
 
 

◆ 重大発表があるはず!

 
 
さらに、このシンポジウムで、
きっと犬山城に関する重大発表があるはずです。
これは、私の希望がかなり入っていますけど(笑)
 
 
私の予想としては、
 
 
犬山城の城郭としての価値をまとめ、
最古の現存天守としてのポジションを
確固たるものにし、
犬山城「城郭」を国の史跡として登録を目指すことを
宣言する。

 
 
のではないかと思います。
 
 
 
犬山城天守は国宝ですが、
残念ながら、
「城郭」は国の史跡にはなっていません。
 
 
 
一方で、犬山城は財団法人犬山城白帝文庫が所有しています。
 
北側にある木曽川は名勝になっています。



といういろんな絡みがあるので

なかなか難しいのかもしれませんが、



「城郭」

としてのポジションを明確にすることは

重要なことですよね。







ということで、

今回の



犬山城シンポジウム


非常に楽しみです。





お時間のある方は、ぜひご参加ください。



 
 
 
 
 

◆ 事前申し込みがいります!

 
 
あ、

事前申し込み制なので

犬山市教育委員会 歴史まちづくり課まで

お問い合わせをお忘れなく。



電話番号は、

0568-44-0354

(8:30~17:15、土日祝及び年末年始を除く)

です。







 
 
それでは、また。
 
 
 
 

2017年1月7日
たかまる。