犬山城天守の工事も終盤を迎えました。【速報2019年12月8日】

国宝犬山城天守は、平成30年度と令和元年度の2か年で大修理を行っています。

2019年12月末までの予定で工事が進められていますが、12月8日現在で工事も終盤を迎えています。

現地をくまなく、見てきましたので速報をお届けします。

犬山城天守の工事も終盤を迎えました。

写真:たかまる。

  • 国宝犬山城天守は2か年計画で大修理中
  • 耐震補強が主目的
  • それ以外の修繕も同時に実施
  • 2019年12月8日現在、終盤を迎えた

国宝犬山城天守は、平成30年度と令和元年度に大修理を行っています。

主の目的は耐震補強ですが、合わせてそれ以外の部分の修繕なども行なっています。

工事の細かい内容についてはこちらの記事をご覧ください。

犬山城天守が大修理工事に入ります。写真を撮るならいま!-犬山城天守保存修理工事(令和元年6月~12月)

7月から工事がスタートし、12月いっぱいまでの予定で進められています。

12月9日現在の工事の様子は、

  • 足場が取れました → 外側の工事は終了
  • 内部の修繕もほぼ終わりました
  • 細かいところの修繕と、撤去作業が残っています

詳しく見ていきます。

足場が取れました。

写真:たかまる。

  • 足場が取れました
  • 外の修理は終了です
  • 外壁、下見板の塗り直しがされてピカピカです

外部の修理に使われていた足場が全て取り除かれていました

外側の工事はこれで終了ということです。

どこの工事をしたかと言うと、

  • 屋根の丸瓦の葺き替え
  • 外壁の塗り直し
  • 木部の防腐を兼ねての塗り直し
  • 窓の補修など

です。

漆喰の白と下見板張りの黒のコントラストに加え、木曽川や伊木山、青空も見事!(写真:たかまる。)

見事にピカピカになっています。

特に下見板が、柿渋と灰を混ぜた墨で塗り直されていました

また外壁も漆喰の塗り直しを行っているため、白と黒のコントラストがくっきりとしていてとても綺麗です。

内部の修繕

写真:たかまる。

  • 内部の修繕もほぼ終了
  • 足場などもほとんど外されていた

内部の足場もほとんどが外されており、修繕はほぼ完了したと思われます

またなどなどの構造物も、一部修繕などを行っていました。

具体的には、天守内部の修繕としては、

  • 階段の踏み板の補強
  • 壁の塗り直し
  • 窓の修繕と塗り直し

を行っていました。

2階。天気が良かったというのもあるが、とても明るかったのは壁を塗りなおしたおかげだね。(写真:たかまる。)

内部もとても綺麗に仕上がっています

特に、東南隅付櫓の南面の窓がずっと閉じられた状態だったのが、修繕により開閉できるようになったようで、久しぶりに窓が開けられていました

東南隅付櫓の南側の窓が修繕されたおかげで、久しぶりに開いた(写真:たかまる。)

これは良いことですね。

残った工事は?

写真:たかまる。

  • 工事は予定通り進んでいる模様
  • 細かい修繕が残っている
  • あとは片付け撤去

予定通り順調に工事が進んでいるようで、とても安心しました

ほぼほぼ工事は完了したと思われますが、一部の壁が塗ったばかりでまだビニールなどが貼られている箇所がありました。

この辺りの最終的な修繕と、片付け撤去などが残っているのみと思われます。

2階の壁もピカピカ(写真:たかまる。)

4階の高欄の間は赤いじゅうたんが敷かれていますが、これは年末に新しいものに取り替えられる予定のようです。

赤いじゅうたんは年末に取り換えられる予定のようだ(写真:たかまる。)

階段の手すりを延長・新設するという話もありましたから、それが最後に残っていると思います。

残りは

  • 4階の「高欄の間」の赤いじゅうたんを取り換える
  • 階段の手すりを延長・新設する
  • 細かい修繕

というところでしょうか。

残り3週間程ですが、安全第一で撤収まで滞りなく進めてほしいと思います。

工事関係者の皆様。

あと一息ですので気を緩めず頑張ってください。

よろしくお願いします!

キレイになったの、伝わりましたか?

写真:たかまる。

写真を何枚か載せておきましたが、キレイになったの、伝わりました?

きっと半分ぐらいは伝わったと思いますが、半分ぐらいはなかなか分からなかったかも。

細かいところは、やっぱり現地に行かないと分からない部分でしょう。

ということで、2020年には「キレイになった天守をじっくりと眺めるツアー」を企画したいと思います。

どうぞお楽しみに!

まとめ

  • 国宝犬山城天守は2か年計画で大修理中
  • 耐震補強が主目的
  • それ以外の修繕も同時に実施
  • 2019年12月8日現在、終盤を迎えた

2019年7月から開始していた「令和元年の大修理」も12月8日現在でほぼ完了していました。

細かいところの修繕などのまだ残っている箇所も、残りの2、3週間で終了できることでしょう。

また工事資材などの撤去作業も残っていますが、2020年1月にはピカピカになった天守が見れることと思います。

ということで、犬山城天守の12月初めの工事状況速報でした。

じゃあね🖐️

2019年12月09日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA