東京オリンピック・パラリンピックの聖火が犬山城にやってくる。

2020年、東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。

2019年12月17日に、聖火のルートと聖火ランナーが発表になりました。

犬山では犬山城に聖火が来ることになりましたので、速報をお届けします。

東京オリンピック・パラリンピックの聖火が犬山城にやってくる。

写真:たかまる。

  • 2020年、東京オリンピック・パラリンピックが開催
  • 聖火リレーのルート、ランナーが発表
  • 犬山では、本町交差点から犬山城までの約1.0km

いよいよ2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。

オリンピックの聖火がどこを走るのか、大変注目されていました。

少し前に犬山でも聖火リレーが行われるということは決定していましたが、詳しいルートや聖火ランナーの発表がまだされていませんでした。

しかし、2019年12月17日にようやく発表になりました。

犬山は本町交差点から犬山城までのルートと決定しました。

詳しく見てみたいと思います。

スタートは本町交差点、ゴールは犬山城天守の前

城前広場ではミニセレブレーションが行われる。(写真:たかまる。)

犬山市の聖火リレーは、

  • スタートが本町交差点
  • ゴールが犬山城天守の前(本丸)
  • およそ1.0kmの行程

です。

本町交差点をスタートし、本町通りを北へ直進し、城下町を通り抜けます。

かつて大手門があったところ(現在の福祉会館の横)を通り、さらに進んでいきます。

突き当たりは現在針綱神社があるところですが、そこを左折し、城前広場へと進みます。

城前広場ではミニセレブレーションが行われるということです。

詳細はまだ発表になっていません。

その後、坂道が続く大手道を登り、犬山城の本丸に入って天守の前でゴールとなります。

正直なことを言うと、本町交差点から城前広場までのルートで、天守の前まではいかないのではないか?と予想していました。

なぜなら、犬山城の天守は現存する天守で、しかも国宝です。

いくらオリンピックの聖火といえども、安全性が担保できなければ本丸まで入ることは危険が伴い、難しいと思ったからです。

警備や消防など十分な対策が講じられるものと思いますが、犬山城の本丸まで、つまり天守の前まで聖火が行くというのは非常に驚きました。

聖火ランナーには犬山観光特使のロンドンブーツ1号2号の田村淳さんの名も

  • 聖火ランナーにはロンブーの田村淳さんが選出された
  • 淳さんは山口県出身
  • 犬山城が一番好きで、犬山観光特使に就任している

次に気になるのは、聖火ランナーは誰が務めるのかということです。

犬山の聖火ランナーや順序はまだはっきりと決定していないようですが、愛知県の聖火ランナー一覧に犬山観光特使であるロンドンブーツ1号2号の田村淳さんの名前がありました。

犬山でロンブー淳さんが聖火ランナーとして走ります!

ご本人のコメントを紹介します。

田村淳さんのコメント

東京2020オリンピックが開催される2020年は、犬山観光特使に就任してからちょうど10年の節目にあたります。“犬山城は全国の城郭の中で最も好きな城”、“犬山を盛り上げよう”、“犬山城を日本一、お客が来る城にしたい”という想いから活動を続けて10年がたちます。

56年ぶりに開催される東京オリンピックの聖火リレーに聖火ランナーとして参加することは、犬山城とオリンピックのどちらも盛り上げることのできる絶好の機会です。

聖火ランナーとして参加し、犬山市の聖火リレーがいろいろなところで発信されることで、大きな城ではなくてもオーラを感じる『国宝犬山城』の魅力を、全国・海外の多くの人に伝えたいと思います。

また Twitter でも聖火ランナーを行うということをツイートされていました。

また、最近、「ロンブーチャンネル」という YouTube チャンネルを開設し、順調に登録者数を伸ばしていますが、犬山でもロケをぜひやってほしい!

犬山での聖火リレーは2020年4月6日(月)

写真:たかまる。

では次に、いつ聖火リレーが犬山で行われるかについて。

  • 2020年4月6日(月)

です。

2020年4月6日月曜日

実は、この前々日と前日の4月4日(土)、4月5日(日)は犬山祭が開催される日でもあります。

犬山祭りが二日間行われた後、続けて聖火リレーが行われるということになりました。

つまり犬山ではビッグイベントが三日間続くということ。

これは2020年の犬山祭+聖火リレーが犬山にとって、とても大きな出来事になることでしょう。

観光客の方もどれほど来られるのか、とても楽しみです。

時間などはまだ分かりませんが、愛知県で四番目に聖火リレーが行われる予定になっています。

まとめ

  • 犬山の聖火リレーは、本町交差点から犬山城までの約1.0km
  • 聖火ランナーには犬山観光特使のロンブー淳さんが選出
  • 2020年4月6日月曜日

2020年、東京オリンピック・パラリンピックの聖火リレーが犬山にもやってくることが正式に決定しました。

また、そのルート詳細や聖火ランナーの情報も発表になりました。

犬山では本町交差点をスタート。

本町通りを直進し、城下町を通り抜けた後、犬山城の城前広場でミニセレブレーションを行います。

その後、大手道を登っていき、本丸に入って天守の前がゴールになります。

犬山での聖火リレーは2020年4月6日(月)です。

その前の4月4日(土)、4月5日(日)は犬山祭が開催されます。

来年春は犬山でビッグイベントが三日間開催されます。

一生に一度の日になるかもしれません。

楽しみましょう!

ということで、犬山城に聖火がやってくるという速報でした。

じゃあね🖐️

2019年12月18日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA