「お城ファンが実際に訪れた日本のお城ランキングTOP300(2019年版)」で犬山城が5位だった件。

年の瀬になると今年の○○ランキングとか今年の重大ニュースとかが登場しますが、お城についても「実際に訪れた日本のお城ランキング」というのが発表されています。

2019年は犬山城が5位でした。

それについて少し解説をしていきます。

「お城ファンが実際に訪れた日本のお城ランキングTOP300(2019年版)」で犬山城が5位だった件。

写真:たかまる。

  • 「お城ファンが実際に訪れた日本のお城のランキング」が発表
  • 約20万人のユーザーデータから分析
  • 犬山城は…5位

2019年も年末になり、今年一年間で「お城ファンが実際に訪れた日本のお城のランキング」が発表されました。

これは毎年発表されているもので、人気のお城アプリ「ニッポン城めぐり」を運営するUMサクシードが約20万人のユーザーによるGPSデータから分析して発表しているものです。

お城ファンが実際に行ったお城の中でも、2019年一番アツかったお城はどこなのか?というものです。

我らが犬山城は…5位でした。

TOP 10には入っているものの、5位という成績に満足してはいけないでしょう。

以下に詳しく見ていきます。

トップ10を発表

写真:たかまる。

とその前に、まずはトップ10をおさらいで見ていきたいと思います。

発表自体はトップ300までありますが、そちらはニッポン城めぐりのブログをご覧ください。

参考 「お城ファンが実際に訪れた日本のお城ランキングTOP300」ニッポン城めぐり
1位(↑)松本城(長野県松本市)
2位(↓)姫路城(兵庫県姫路市)
3位(↑)松江城(島根県松江市)
4位(↑)彦根城(滋賀県彦根市)
5位(―)犬山城(愛知県犬山市)
6位(↓)高知城(高知県高知市)
7位(↑)会津若松城(福島県会津若松市)
8位(↑)小田原城(神奈川県小田原市)
9位(↓)松山城(愛媛県松山市)
10位(↑)上田城(長野県上田市)

犬山城の過去3年間の成績

写真:たかまる。

  • 2017年 4位
  • 2018年 5位(↓)
  • 2019年 5位(-)

犬山城の過去3年間の成績はどうだったのでしょうか?

犬山城の過去3年の順位

2017年 4位

2018年 5位(↓)

2019年 5位(-)

毎年トップ10には入っているものの、4位→5位→5位という成績です。

そのときに上位に入っているお城としては、

姫路城(現存天守、国宝)

松本城(現存天守、国宝)

松江城(現存天守、国宝)

彦根城(現存天守、国宝)

高知城(現存天守、重要文化財)

などです。

さすが国宝五城、そして現存十二天守というラインナップですね。

しかし、犬山城は国宝5城の中でも他の城郭に上位を譲るという成績に甘んじています。

2018年は登城者数が過去最高の61万人を超えましたが、まだまだ他の城郭には及んでいないようです。

がんばれ!犬山城!

それでもやっぱり国宝は強い。

写真:たかまる。

それにしても、国宝5城がトップ5を占めるというのはとても強いですね。

国宝5城が連携して城めぐりなどのイベントをやったり、PR の効果もあると思いますが、お城ファンはやはり国宝の城、現存天守を見たいというのが強いようです。

やはり本物を求めているということの現れでしょうか。

その中でも犬山城がさらに上位に入るためには、もっともっと犬山城の深いところまで知ってもらう必要がありそうです。

犬山城が2020年にさらに上位に食い込むためには

写真:たかまる。

2018年、2019年は天守の耐震補強工事も含め大掛かりな修理を行いました。

2020年には真新しい天守が綺麗な姿でお目見えとなります。

そこに足を運んでいただき、天守から見える景色なども楽しんでもらいたいものです。

犬山城天守からの景色は「あぁ絶景かな」というお話

また、犬山城ならではの見どころもたくさんありますが、下の記事でご紹介するように、絞ってご覧いただくとその味わい深さがより染みるんじゃないかなと思います。

犬山城天守が典型的な望楼型と言われる三つの理由

この「犬山城を楽しむためのウェブサイト」でも、犬山城の魅力やお城の基礎知識などをどんどん発信・更新していきますので、2020年もご期待いただき、変わらず購読していただけるようよろしくお願いいたします。

犬山城マイスター!たかまる。から見るTOP300について

高知城

  • 松本城が1位
  • 現存十二天守がやはり人気
  • あまり知られていない城も注目されている

他のお城のランキングについても簡単にご紹介したいと思います。

まずは松本城が1位に輝いたことはとても嬉しく思います。

不動の姫路城を抜いての1位というのはとても名誉なことです。

さらに言えば、現存十二天守がやはり人気があります。

しかしながら一方では、一般の方にはなかなか知られていないようなお城でも、上位にランキングしているところがあります。

これはお城ファンが様々なお城に興味を持って訪れているということでしょう。

ここ数年はお城がとてもブームになっていて、山城に行っても訪問客が多いように感じます。

来年もこの動きは続くものと予想されますが、あまり知られていないお城に注目がどんどん集まっていくのではないかと思っています。

筆者も、犬山城マイスターと名乗っていますが、色々なお城にもちろん行きます。

行ったことのないお城やもう一度行きたいお城などたくさんありますが、たかまる。目線でこのブログでも色々と紹介していきたいと思っています。

こちらもご期待ください。

まとめ

「お城ファンが実際に訪れた日本のお城ランキングTOP300(2019年版)」の結果をもとに、犬山城が5位だったことと今後どうしていったら良いのかについて解説をしてみました。

他のお城や来年今後のブームについても少し意見を述べてみました。

来年はどんなお城が注目されるのかこちらも楽しみです。

来年のお城めぐりの参考にしていただければと思います。

ということで、「お城ファンが実際に訪れた日本のお城ランキングTOP300(2019年版)」で犬山城が5位だった件というお話でした。

じゃあね🖐️

2019年12月19日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA