廻縁・高欄がある国宝犬山城天守。

犬山城天守の3大みどころのひとつ。

廻縁・高欄 (まわりえん・こうらん)。

現存12天守の中で廻縁も高欄もあるのは、高知城と犬山城だけです。

深掘りしていきます。

廻縁(まわりえん)・高欄(こうらん)がある国宝犬山城天守。

これ、現存12天守の中で廻縁も高欄もあるのは、高知城と犬山城だけ。

すごくないですか?

え?  どれが廻縁で、どれが高欄かって?

失礼しました。そーですよね!

▲  テラスみたいに出てるところが廻縁。手すりが高欄。

廻縁っていうのは、今でいうところの縁側。

外に出れる、縁側。

ぐるっと一周できます。最上階についてます。

つぎに、高欄っていうのは手すり・欄干のこと。

外にある廻縁には高欄が必ずあります。

ないと落っこちちゃうもん( ;∀;)

でも、廻縁がなくても高欄がある場合があります。

それ、飾り。

彦根城には高欄ついてるけど、あれは飾り。

外に出れません。

▲ 彦根城の高欄は飾り

丸岡城も同じ。

外に出れません。

▲ 丸岡城天守の高欄も飾り

ちなみに、私が紹介しているのは「現存している天守」についてです。

復興天守や模擬天守などは含みません。

いわゆるコンクリート製の天守とか、なかったのにあったかのように建っている天守ですね。

これらは、史実に基づいていないか、史実に基づいていてもどっか違ってたりしますから。

たとえば、模擬天守の代表例で行きますと、「清洲城」

これは廻縁も高欄もあります。

ありますけど、それって資料館の展望台ですからね。

歴史的価値はないですから。

▲  一見すると高欄だけど、そこは資料館の展望台。

廻縁・高欄 = 犬山城?

ま、そういうのは置いといて(笑)

犬山城天守に話を戻します。

なので、天守の最上階を見て、廻縁と高欄があるかを確認してください。

くどいようですが、廻縁と高欄がある現存天守は、高知城と犬山城だけ。

しかも、犬山城は国宝天守です!

式で書くと、現存天守 ✖ 国宝 ✖ 廻縁・高欄 = 犬山城!って感じかな?

わかりやすいでしょ?

世界遺産・姫路城には廻縁・高欄はありません。

国宝・松本城にも廻縁・高欄はありません。

他の現存天守も廻縁はありません。

高欄ついてるのはあります。

彦根城、松江城、松山城、丸岡城だったかな?

でも、飾りです。

ね。

貴重でしょ。

希有でしょ。

廻縁に出ると怖い!

廻縁に出ると怖いです。

高いし、高欄は低いし。

落ちそうな感じになるから。

でも、それと引き換えに待ってますよ!

濃尾平野の絶景!

木曽川の優雅な流れ!

南に広がる城下町!

天気がいいと、小牧山も金華山も見えます。

江戸時代。

そこから成瀬のお殿様が見たかどうかはわかりませんが、美濃の国、尾張の国、犬山城下をどのような思いで見てたのでしょうね。

あーーーーーーーーーーー、天守に登りたくなってきた(笑)

今度いこーっと。

ということで、また次回まで✨

じゃあね👍

2017年06月21日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA