天守はいつ建てられたのか?【犬山城シンポジウム ルポ】Vol.6

犬山城シンポジウムのルポ、6回目です。

もう飽きてきた?

いやいや。もう少し続けますよ!

だって、盛りだくさんだったから。

ということで、今回のテーマは、『犬山城天守の謎と新発見』

名古屋工業大学大学院教授の麓 和善先生!

この先生、すごい人なんです。

ってか、この方のゼミの歴代の先生方もすごいんです。

何がすごいって、建築史の第一人者で内藤先生、城戸先生という大御所が見えたのが名古屋工業大学。

日本における城郭建築史を常にリードしている大学。

という、すごい先生の、すごいお話し。

ちなみに、犬山城城郭調査委員会の委員長も務められています!

今回のブログは、そんな話です。

天守創建年代は、もうわからない?

いきなりセンセーショナルな話から入りましたよ、この先生(笑)

内藤先生や城戸先生という大御所が、犬山城の創建は天文6年ごろという説を出されていました。

昭和の解体修理によって、美濃金山城移築説は完全に否定され、

  1. 1、2階は、天文6年(1537)ごろ、織田信康によって創建
  2. 3、4階は、慶長5年(1600)、小笠原吉次によって増築
  3. 3階の唐破風、4階の廻縁と高欄は、元和元年(1620)ごろ、成瀬正虎によって改築

という説。

これ以上の成果はでない!というのが麓先生の当初の見解。

でも、それでも何かしらの研究はせねば、ということでスタートしたのだとか。

えらい話ですわ(笑)

そりゃあ、大先輩の研究成果を否定するようなことにはできないし、新たな発見って言っても、解体修理以上のことなんて、確かに出るはずもない。

大変な仕事を請け負ったものです。

でも、先生は別の視点から研究されたんですね。

その辺りが、すごい!

なぜ、望楼型なのか?

それは、石垣に答えがありました。

石垣の平面図を見ると、正方形じゃないんです。

台形のような形。

東側が、南に向かうにつれて広がっています。

f:id:takamaruoffice:20180120174528p:plain:w500
犬山城天守台は正方形じゃない!

もっとわかりやすいのが、1階の平面図。

f:id:takamaruoffice:20180120174521p:plain:w500

 

明らかに正方形じゃない、犬山城天守1階の平面図

図で言うと、右の下側が広がってますよね!

これ、こういう形にしかできなかったんです。

当時は。

何でかって言うと、石垣を方形に積む技術がなかったから。

石垣の技術は、慶長のころが最盛期。

それ以前は、きれいに積むことができなかった。

だから、犬山城の石垣は古い技術ってことになる。

これが、慶長年間に創建されたことにはつながらない一つの理由。

で、石垣がきれいな方形をしていないと層塔型天守は建てられない。

それについては、以前ブログで書きましたので、そちらも参考にしてください。

犬山城は、望楼型「ぼうろうがた」

だから、望楼型。

少なくとも1・2階が古い時代に建てられたということの証拠でもある。

そんなお話でした。

木組みが古い!

次に、先生がお話しされたのは木組み。

天守架構図を他の現存天守、現存櫓と比較するというもの。

それを見てみると、犬山城は、初期望楼型として架構の視点からも古い!ということが言える。

ここは解説が難しいから飛ばします。

しかも図が複雑すぎて、しっかりとはわからなかった( ;∀;)

このあたりは、いつかわかりやすい本が出版されると願いましょう( ´∀` )

柱の加工がおもしろい!

最後に、柱の加工の痕跡について。

こんな話は聞いたことがないので、とても新鮮でした。

木を切る加工技術の進化の過程を辿っていくと、天守の建築年代が大凡わかるらしい。

木を横に切るのは比較的簡単ですが、縦に切るのは難しい。

柱とか梁とか、縦にずーーーーっと切らないといけない。

これには道具や技術が伴わないといけないようですね。

昔は縦にずーっと切るのはむずかしいから、割っていたらしい。

割った面は凸凹になるため、「手斧=ちょうな」という道具である程度の平滑な面にしていた。

さらに進むと、「槍鉋=やりがんな」や「大鋸=おが」という道具が出てきて、そういったもので表面をきれいにしたり、切ったりしていたそうです。

その後、さらに道具の進化があり、「台鉋=だいがんな」のようにキレイな加工ができるものになっていくようですね。

この辺りは、大工さんじゃないとわからないでしょうし、現代は機械で切るので、大工さんでも知らない方もいるでしょうね。

で、犬山城の場合、1・2階は、「ちょうな」、「やりがんな」、「大鋸」の粗い加工痕が残っている。

こういうやつ ↓

f:id:takamaruoffice:20180120175708j:plain:w300

 

犬山城天守1・2階の柱は、加工痕が粗い。

一方で、3・4階は、「やりがんな」、「だいがんな」の平滑な加工面が主。

こういうやつ ↓

たぶん(笑)

f:id:takamaruoffice:20180120175803j:plain:w300

 

犬山城天守3・4階の柱の加工面は平滑。

ということは、1・2階までは、大工道具や技術が古く、つまり、創建年代が古いということが言えると。

どこまで古いかというと、およそ室町時代末。

それぐらいまで遡っても良いというのが、麓先生の見解。

これ、サラッと言ってましたけど、とんでもなく凄いことのように思います。

だって、室町末ってことは、1500年後半。

ということは、織田信康が建てたって説を裏付けることになる。

やっぱり、その説が有力そうですね。

ただ、麓先生曰く。

もうこれ以上の検証は無理とのこと。

史料も現物も調べつくされた。

まとめ

あとは、柱の年輪を調べて特定するしかない由。

ま、そんなことできるかどうかはわからないけど、楽しみは取っておきましょうか(笑)

麓先生、興味深いお話し、ありがとうございました!

ということで、今回はここまで!

2017年02月23日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA