犬山城天守は、表情豊かな望楼型。

先回のブログでは、望楼型と層塔型の天守について少し触れましたよね。

ご覧になっていない方は、下記のリンクよりご覧くださいね。

犬山城は、望楼型「ぼうろうがた」

で、望楼型って表情が豊かって思うんです。

今回のブログは、そんな話です。

表情という視点

先回は、構造上の違いを本当に簡単に説明しましたが、望楼型の最大の特徴というか、私が思うところは、望楼型は表情が豊か!ということ。

▲ 西からの表情はどっしりとしている(写真:たかまる。)
▲ 東の表情はイケメン? (写真:たかまる。)
▲ 正面は子犬のようなかわいらしさがある (写真:たかまる。)

だって、犬山城見ると、ほんとにそう思う。望楼型は、入母屋造りの形によって様々な表情を見せてくれます。

上にのっかる望楼の形によっても様々な表情を見せてくれます。

だから、とっても表情豊か。

しかも、破風によっても飾り方が様々で、とにかくおもしろい!

お城と言えば・・・

かと言って、層塔型がおもしろくないということではないですが、一般的に 「お城」 と認識されているのは、層塔型でしょうね。

何でかって言うと、近世城郭が現代まで残っているか、近世城郭をもとに復元しているから。

▲ 丸亀城天守は典型的な層塔型で、とてもシンプルだ (写真:たかまる。)

上の写真は、現存12天守の一つ、丸亀城。

三重三階の層塔型天守です。

ね。

いわゆる、「お城」ですよね。

お城 ≠ 天守

ちなみに、『お城=天守』と思われていますが、違いますよ!!!

本当は、『お城=城郭』

柵や塀などで囲われた曲輪(くるわ)と、物見台、館、櫓、天守などの建造物の総称です。

つまり、天守はお城の一部ってこと。

だから、天守を指してお城って呼んでる人がいたらあれはお城の一部だよーってやさしく教えてあげて💛

とにかく表情が豊か💛

話がそれましたが、天守の形で本当に魅力的なのは、望楼型だと思いますよ~💛

▲  雪化粧の犬山城天守。この表情もまた格別だ (写真:たかまる。)

くどいようですが、表情が豊かだから!

ということで、犬山城天守は表情が豊かだね!というお話でした。

じゃあね👍

2017年01月23日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA