九戸城(くのへじょう)#104『豊臣秀吉の天下統一最後の合戦の城』

続日本100名城・104番・九戸城(くのへじょう)をご紹介します。

お城めぐりの参考に。

日本城郭検定を受験するときの参考に。

九戸城(くのへじょう)#104『豊臣秀吉の天下統一最後の合戦の城』

豊臣秀吉の天下統一最後の合戦の城である九戸城(くのへじょう)をご紹介します。

九戸城は、岩手県二戸市福岡にある城跡です。

見どころ

本丸と二の丸を隔てる空堀(からぼり)には、野面積み(のづらづみ)の石垣(いしがき)が残っています。

本丸南東隅には土塁(どるい)が残っており、この上には2間(約3.6 m)四方の櫓台跡が残っています。

豊臣秀吉(とよとみひでよし)の天下統一(てんかとういつ)総仕上げと言われるで奥羽仕置(おううしおき)により落城しました。

東北地方でも大規模な城郭であり、中世城郭(ちゅうせいじょうかく)の姿と、落城後に改修された近世城郭(きんせいじょうかく)の姿の両方が見れます。

主な遺構

石垣(いしがき)

堀(ほり)

土塁(どるい)

枡形虎口(ますがたこぐち)

など

縄張(なわばり)

九戸城は東に猫渕川(ねこぶちがわ)、北に白鳥川(しらとりがわ)、西に馬淵川(まべちがわ)という三本の川に囲まれた河岸段丘(かがんだんきゅう)上に築かれています。

高台の北西側には本丸があります。

本丸の堀には北東北地方最古といわれる石垣が残っています。

本丸の東側と南側を囲むように二の丸が設けられています。

二の丸の南には大手門(おおてもん)跡、北東には搦手門(からめてもん)跡があります。

東側には、石沢館(いしざわだて)と若狭館(わかさだて)が配置されていました。

これらは曲線的な塁線を持つ曲輪(くるわ)で、直線的な塁線である本丸や二の丸とは対照的なものです。

縄張(なわばり)とは?

縄張(なわばり)の三つの基本形式

歴史

築城は明応年間(1492~1501)と推定されています。

城主は九戸氏です。

戦国時代末期の九戸政実(くのへまさざね)の代は、南部氏(なんぶし)の中でも有力者と知られていました。

天正10年(1582)、南部氏の後継争いをきっかけに九戸政実は南部信直(なんぶのぶなお)と対立します。

この対立が収まらず、天正19年(1591)には九戸政実の乱が起きました。

南部氏が豊臣秀吉に鎮圧を頼んだため、豊臣秀次(とよとみひでつぐ)を総大将とする6万余りの大群が九戸城に押し寄せました。

九戸城は5,000の兵で籠城をしました。

九戸政実の乱が鎮圧されると、九戸城は蒲生氏郷(がもううじさと)によって近世城郭(きんせいじょうかく)へと改修されました。

一時、南部信直が居城としていましたが、寛永13年(1636)に廃城となりました。

九戸城の基本情報

(九戸城パンフレットより)

別名福岡城(ふくおかじょう)
所在地〒028-6101
岩手県二戸市福岡字城ノ内、松の丸
城の種類平山城
築城年代明応年間(1492~1501)
築城者九戸氏
主な城主九戸市、南部市
文化財史跡の区分国指定史跡
アクセスJR 東北新幹線 、IGR いわて銀河鉄道線「二戸」駅より JR バスまたは岩手県北バスで約5分「呑香稲荷神社前」下車、徒歩5分
日本100名城スタンプ設置場所九戸城ガイドハウス(4月~11月)
二戸市埋蔵文化財センター
関連施設二戸市埋蔵文化センター
リンク岩手県九戸城跡

地図・マップ

まとめ

続日本100名城・104番・九戸城(くのへじょう)をご紹介しました。

お城めぐりの参考にしてください。

また、日本城郭検定を受験するときの参考にしてください。

じゃあね🖐️

2020年03月26日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA