明石城(あかしじょう)#058『2基の三重櫓が現存する西国押さえの城』

日本100名城・58番・明石城(あかしじょう)をご紹介します。

お城めぐりの参考に。

日本城郭検定を受験するときの参考に。

明石城(あかしじょう)#058『2基の三重櫓が現存する西国押さえの城』

2基の三重櫓が現存する西国押さえの城である明石城(あかしじょう)をご紹介します。

明石城は、兵庫県明石市にある城跡です。

見どころ

現存する三重櫓の巽櫓(たつみやぐら)と坤櫓(ひつじさるやぐら)の2基が、本丸南面に並ぶ勇姿が見所です。

白壁の城壁が2基の櫓の間を結び、明石城を代表する姿となっています。

また天守台は本丸の隅に残されており、その姿も見どころの一つです。

主な遺構

巽櫓

坤櫓

本丸

二の丸

東の丸

天守台

石垣

土塁

縄張(なわばり)

明石城は明石海峡を望む丘陵地に築城されました。

自然地形を巧みに用いた三重の堀と三段構えの曲輪(くるわ)となっています。

この縄張りは、築城の指導にあたった姫路城主・本多忠政(ほんだただまさ)によるものといわれています。

本丸を中心とした連郭式(れんかくしき)の縄張りとなっています。

本丸には巨大な天守台が築かれましたが、天守は建てられませんでした。

本丸には4基の三重櫓(さんじゅうやぐら)が築かれましたが、そのうち2基が現存しています。

現存する12基の三重櫓のうちの二つが明石城にあるのです。

坤櫓(ひつじさるやぐら)巽櫓(たつみやぐら)は共に平成7年の阪神淡路大震災で被災しましたが、修理工事が行われて修復されました。

また、それに合わせて二つの櫓を結ぶ土塀も復元整備されました。

坤櫓(ひつじさるやぐら)は伏見城から移築されたと言われています。

初重には千鳥破風(ちどりはふ)、二重目には唐破風(からはふ)が設置され、白漆喰総塗籠(しろしっくいそうぬりごめ)の端正な三重櫓です。

縄張(なわばり)とは?

縄張(なわばり)の三つの基本形式

歴史

元和(げんな)3年(1617)に松本城主だった小笠原忠真(おがさわらたただざ)が明石に入りました。

翌元和(げんな)4年(1618)に西国の諸大名に対する監視役として、2代将軍徳川秀忠(とくがわひでただ)から築城の命が下りました。

元和(げんな)元年(1615)の一国一城令(いっこくいちじょうれい)により廃城となった近隣の城の材料を用いて、元和(げんな)5年(1619)から1年間で築城されました。

明石城の基本情報

別名喜春城(きはるじょう、きしゅんじょう)
所在地〒673-0847
兵庫県明石市明石公園1-27
城の種類平山城
築城年代元和5年(1619)
築城者小笠原忠真
主な城主小笠原氏、松平氏(戸田氏)、大久保氏、松平氏(藤井氏)、本多氏、松平氏(越前氏)
文化財史跡の区分国指定史跡、重要文化財3件
主な復元や整備平成7年の阪神淡路大震災により被災したが、災害復旧。
平成7から8年に石垣復旧
平成9から11年に巽櫓、坤櫓復旧
平成9から11年に土塀を復元
天守の現況天守台のみ残る
アクセスJR山陽本線「明石」駅、山陽電鉄本線「山陽明石」駅から徒歩約5分
日本100名城スタンプ設置場所明石公園サービスセンター
関連施設明石市立文化博物館
リンク明石城公式ウェブサイト
明石公園

地図・マップ

まとめ

日本100名城・58番・明石城(あかしじょう)をご紹介しました。

お城めぐりの参考にしてください。

また、日本城郭検定を受験するときの参考にしてください。

じゃあね🖐️

2020年04月18日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA