向羽黒山城(むかいはぐろやまじょう)#111『会津の有力大名・蘆名氏が築いた大規模な山城』

続日本100名城・111番・向羽黒山城城(むかいはぐろやまじょう)をご紹介します。

会津の有力大名・蘆名氏が築いた大規模な山城です。

お城めぐりの参考に。

日本城郭検定を受験するときの参考に。

向羽黒山城(むかいはぐろやまじょう)#111『会津の有力大名・蘆名氏が築いた大規模な山城』

会津の有力大名・蘆名氏が築いた大規模な山城である向羽黒山城城(むかいはぐろやまじょう)をご紹介します。

向羽黒山城は、福島県会津美里町にある城跡です。

見どころ

山城独自の地形がよく残っています。

堀や平坦地など、城を構成する遺構の大きさがよくわかります。

山頂部にある一曲輪(いちのくるわ)からは会津盆地を一望することができます。

主な遺構

一曲輪(いちのくるわ)

二曲輪(にのくるわ)

土塁

石積みなど

縄張(なわばり)

向羽黒山城は会津盆地の南、阿賀川(あががわ)沿いに位置する標高約408 m の岩崎山に築かれました。

戦略的に重要な山城(やまじろ)です。

阿賀川を天然の水堀として防御しました。

山頂には本丸にあたる一曲輪(いちのくるわ)を配置しています。

尾根伝いに二曲輪(にのくるわ)、北曲輪、三曲輪、伝・蘆名盛氏屋敷など多くの曲輪(くるわ)が配置されました。

二曲輪は一曲輪よりも広い広場で、北東側と西側に虎口(こぐち)が設けられています。

以下は、会津美里町役場ウェブサイトより。(当該ウェブサイトへジャンプします)

縄張(なわばり)とは?

縄張(なわばり)の三つの基本形式

歴史

向羽黒山城を築いた蘆名氏(あしなし)は鎌倉時代から会津の有力大名として栄えました。

戦国時代には蘆名盛氏(あしなもりうじ)が出て最盛期を迎えます。

百万石の会津太守(あいづたいしゅ)と言われました。

蘆名盛氏は永禄(えいろく)4年(1561)に家督を譲り、隠居しました。

そのときの隠居城として築いたのが、向羽黒山城です。

しかし蘆名氏滅亡と共に廃城となりました。

その後、会津は伊達氏(だてし)、蒲生氏(がもうし)の支配を経て、慶長(けいちょう)3年(1598)に上杉景勝(えすぎかげかつ)に与えられました。

上杉景勝は向羽黒山城を大改修したと言われています。

この時、対徳川の最後の砦と想定して大改修したとも言われています。

しかし慶長(けいちょう)5年(1600)の関ヶ原の戦いの敗戦により、上杉氏は米沢へ移封となったため、向羽黒山城は廃城となりました。

向羽黒山城の基本情報

別名岩崎城(いわさきじょう)
巌館(いわたて)
所在地〒969-6133
福島県大沼郡会津美里町船場
城の種類山城
築城年代永禄(えいろく)4年(1561)
築城者蘆名盛氏(あしなもりうじ)
主な城主蘆名氏、伊達氏、蒲生氏、上杉氏
文化財史跡の区分国指定史跡
主な復元や整備自然公園として東屋や展望台を整備
アクセスJR 只見線「会津本郷」駅より徒歩約30分
日本100名城スタンプ設置場所向羽黒山城跡整備資料室前
関連施設向羽黒山城跡整備資料室
リンク向羽黒山城跡整備資料室
頼れる美里の案内所!会津美里町観光ポータルサイト

地図・マップ

まとめ

続日本100名城・111番・向羽黒山城城(むかいはぐろやまじょう)をご紹介しました。

会津の有力大名・蘆名氏が築いた大規模な山城です。

お城めぐりの参考にしてください。

また、日本城郭検定を受験するときの参考にしてください。

じゃあね🖐️

2020年04月28日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA