冬こそ、犬山城。



みなさん、お城巡りに最適な季節がやってきました。

それは、冬です!

犬山城でも秋の紅葉シーズンが終わりを告げると同時に、城ファン垂涎の姿が見えてきます。

落葉樹が葉を落とすと、そこには普段見ることができない犬山城の真の姿が見えてくるのです。

ここでは、冬の犬山城の楽しみ方をご紹介します。

【スポンサーリンク】

冬と言えば、雪と犬山城。

冬のお城の楽しみと言えば、なんと言っても雪です。

雪化粧をした犬山城を見ることができるのは、1年で数回しかありません。

そのため、雪が降った日にはカメラを持った方たちで周囲は大変にぎわいます。

雪化粧した犬山城。
水墨画のような景色が待っている。

雪化粧した犬山城天守と、その周りの城郭跡全体も白く覆われます。

それはまるで水墨画のような景色です。

冬の間は天気予報とにらめっこして、雪が降るときを狙ってみてはいかがでしょうか?

空気の澄んだ青空も、冬の醍醐味。

冬は雪だけではありません。

空気がキーンと冷え込むと、空気が澄んだ日が多くなってきます。

そんな時には、突き抜けるような青い空とコラボする犬山城を見ることができます。

青く澄んだ大空と犬山城天守。
これも冬に見られる景色だ。

寒い時だからこそ、空気が澄んで、青い空が広がります。

真っ青に澄み切った空には、犬山城天守がが良く映えます。

【Photo Spot】

これは南側からの景色のほうが良いですね。

本丸にはいったところから眺めてみましょう。

午前中であれば東側の犬山橋、午後であれば西側のライン大橋からもGood!

忘れちゃいけないのが、日の出と犬山城。

意外と見落としがちなのが、日の出と犬山城です。

実は、太陽が昇る位置と犬山城がちょうどいい感じになるのが、冬なのです。

朝日がちょうど犬山城の辺りを通過する。

暗いうちから朝日を待っていると、周りがだんだんと明るくなってきます。

朝日が犬山城の背後に顔を出したときは、何とも言えない神々しい姿になります。

これは太陽の上る位置がちょうどよい高さになる、冬だからこその景色です。

【Photo Spot】

これは北側、つまり木曽川対岸です。

木曽川を渡った岐阜県各務原市の遊歩道で、朝日が昇るのを待ち構えてください。

樹木が葉を落としたから見える犬山城。

紅葉シーズンが終わりを告げると、樹木の葉が落ちてしまいますが、こうなるとあらわになってくるものがあります。

それは、普段は木々に隠れている犬山城の姿です。

木々が葉を落とした冬は、普段は木に覆われている犬山城が露わになる。

城本来の姿が見えてくるのも冬ならではです。

犬山城の石垣や、土塁や堀なども見やすくなりますので、縄張りをじっくりと観察できますよ。

冬の犬山城は、寒さ対策を万全にして楽しみましょう!

冬ならではの犬山城の楽しみ方をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

どの景色も冬にしか味わうことができないものですので、思う存分楽しんでください。

ただ、冬の犬山城はとても寒くなります。

木曽川沿いを歩いたり、写真を撮る場合は特に風が強い時がありますので、寒さ対策はしっかりと万全にしてくださいね。

こうした備えもお城巡りでは大変重要なことです。

しっかりと寒さ対策をして、冬の犬山城を楽しんでください。

ということで、冬こそ、犬山城。というお話でした。

じゃぁね。

2018年12月09日
犬山城マイスター!たかまる。

– 写真はすべて、たかまる。が撮影したもの、または使用を許可されたものです。
– 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
– 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。

みんなとシェアしてね!


【犬山で泊まるなら】



【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

たかまる。のブログを購読しよう!

 
 


この記事をみんなでシェアする!