犬山城天守といえば、華頭窓。

犬山城が格式を重んじるばかりに、華頭窓は窓枠だけです。

窓枠だけでも、その意味は十分にあります。

それが犬山城天守の特徴でもあります。

犬山城天守といえば、華頭窓が特徴的!

華頭窓(かとうまど)というのは、これのこと。

▲ こんなところに華頭窓がある。

火灯窓、花頭窓、華頭窓、架灯窓、瓦灯窓とか、いろいろな漢字が充てられています。

お寺や神社、城郭(天守・櫓など)、住宅などに用いられる窓です。

見てわかる通り、形に特徴があります。

上側を炎のような形にしたり、花の形にしたものですね。

炎の形を、火炎形(火灯曲線)と呼びます。

花の形を、花形(花頭曲線)と呼びます。

まぁ、そういう難しいことは横に置いておいて、とにかく、形に特徴があって、お寺や神社、天守・櫓などに用いられてきた、「格式の高い様式」をしています。

例えば、彦根城。

国宝天守です。

華頭窓があります。

 

▲ 彦根城天守には華頭窓がたくさんつけられている

例えば、犬山城。

国宝天守です。

華頭窓があります。

▲ 犬山城天守の華頭窓はよく目立ちます。

ね、あるでしょ、華頭窓。

これを見つけたら、『華頭窓』って言うんだよ~(笑)

格式が高い形なんだよ~って自慢してください(笑)

犬山城天守の華頭窓は窓にあらず?

ところで、犬山城がやらかしちまったっていうのは、この華頭窓のことです。

なにをやらかしたかって言うと、実はこれ、窓じゃないんです(笑)

わかります?

壁に窓枠がついてるだけ!!!

おっと、なんてことですか?

国宝ともあろう天守が、窓枠だけの飾り?

そうなんです。

飾りなんです。

完全に、飾り。

▲  犬山城天守の華頭窓は窓枠だけ。格式を重んじた結果つけられたと思われる。

でも、それでいいんです。

当時の天守建築ラッシュのころは、とにかくシンボリックにする必要があった。

城主の威厳や、政庁としての顔。

平和の世のシンボル。

だから、装飾をしてシンボリックにする。そんな時代だったと思います。

あれ?

これは清須城模擬天守ですが、似てますよね。犬山城に(笑)

似てるけど違いますよね。

どこが違うかって言うと、さっきの唐破風のところ。

ここが、千鳥破風って言って、三角の屋根になってます。

わかりますよね?

この破風の形が違うだけですけど、印象がだいぶ違う。

ってことは逆に言えば、犬山城天守のビジュアルを決めているってこと。

この唐破風が!

格式を重んじるということ

つまり、格式が必要なわけです。

さっきも書きましたが、天守をシンボリックにする。

ということは、格式が高い方が良い。

というか、犬山の殿様は貧乏っちいなぁって言われるのは、ね。

見栄っ張りの尾張人ですから。

格式高い様式にするために、華頭窓の窓枠だけだけど、つけました。

真壁づくりにしたり、廻縁・高欄をつくったり、石落としをつけたり、櫓と塀を張り巡らしたり。

いろんなことをして格式を高めていったんですね。

城主の意地ではないですが、お家としての格は大事です。

だから、華頭窓もつけました。

▲  犬山城天守に華頭窓があってよかったね。

でも、そのおかげで、犬山城天守の見どころに、今、なってますから。

先見の明があったというか、よかったねって話ですね(笑)

私は好きですよ、犬山城天守の華頭窓。

ということで、犬山城と言えば華頭窓、というお話でした!

じゃぁね!

2017年07月11日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA