犬山城の縄張りは典型的な‥‥-犬山城ちょこっとメモ #0011



▲ お城巡りの必需品です。たかまる。も、
もちろん愛読+スタンプラリーしています。


【スポンサーリンク】

犬山城の縄張りは典型的な‥‥-犬山城ちょこっとメモ #0011

※ 犬山城ちょこっとメモでは、犬山城についての情報をちょこっとずつお届けしています。

 

お城巡りには欠かせない縄張り図。犬山城の縄張り図はあまり見かけないけど、どんな縄張りなんだっけ?


 

お城巡りには欠かせないのが「縄張り図」です。

特に山城や、平山城(ひらやまじろ)は縄張り図を持って散策すると、新たな発見があるものです。

犬山城の縄張り図を見たことがありますか?

実はあまり縄張り図は見かけることがありません。

しかし、江戸時代の絵図が数多く残っており、そこから犬山城の縄張りを見ることができます。

犬山城の縄張りは典型的な『連郭式』です。

連郭式(れんかくしき)というのは、本丸が一番奥、その手前に二の丸、さらにその手前に三の丸という風に曲輪(くるわ)が連なっている形をしている形式です。

一般的には、教科書通りの縄張り形式にはなっておらず、かなり複雑な形をしているものですが、犬山城はとても綺麗な、教科書的な連郭式の縄張りになっています。

 

▲ 奥から「本丸」、「二の丸」、「三の丸」と連なる連郭式。二の丸は四つの独立した曲輪から成る。

さらに面白いことに、二の丸は「二の丸」と呼ばれていたわけではなく、4つの独立した曲輪で構成されており、その独立した曲輪にはそれぞれ名前がついていました。

次回のブログから一つずつ紹介したいと思います。

2019年1月15日-今日の犬山城は?

▲ どんより曇り空。午後は雨だとか☂️

 

2019年1月15日。

今日は午後から雨だそうです☂️

久しぶり?

雨対策、寒さ対策を忘れずに❗

 

 

 

ということで、

 

本丸から順番に曲輪を確認してみたくなった?

 

 

ということで、

典型的な連郭式の、犬山城でした。

 

じゃあね🖐️

 

2019年01月15日
犬山城マイスター!たかまる。

 

– 写真はすべて、たかまる。が撮影したもの、または使用を許可されたものです。
– 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
– 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。

 

 

みんなとシェアしてね!
error


【犬山で泊まるなら】



【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

たかまる。のブログを購読して、更新情報を届けてもらおう!

 
 


この記事をみんなでシェアする!