土を盛ったら、それが土塁。犬山城にもあるのさ!



▲ お城巡りの必需品です。たかまる。も、
もちろん愛読+スタンプラリーしています。


土塁って知ってますか?

堀は知ってますよね?

堀を掘った土を反対側に盛ったら、それが土塁。

土塁は城の基本!

犬山城にもあるんですよ、土塁。


【スポンサーリンク】

土塁とは?

お城と言うと、名古屋城や大阪城のような大きい堀と石垣がある城を想像するかもしれません。

だけど 、日本に存在していた城のほとんどはそういったお城ではありません。

ではどういうお城だったかと言うと、城という漢字の如く、土から成るお城でした。

つまり、穴を掘った掘、そしてその掘った土を盛った土塁 、他には竪堀や横堀・切岸・堀切などで敵の行く手を阻むように、城作りが行われていました。

また柵や門、櫓などの建物も作られていましたが、名古屋城のような大きな天守などはありません。

 

犬山城にも土塁があるのだ

木の右側が堀、左側が土塁。堀と土塁はワンセット!

 

そして犬山城の場合は、土作りの城が全盛期だった戦国時代から、石垣や天守が全盛を迎える江戸時代初期にかけて作られた城なので、そのどちらも持ち合わせています。

その一つが、堀と土塁です。

遺構として残っている堀は、通称・城山の西側、中腹あたりにあります。

前回紹介した堀とセットになっているので、合わせて見に行ってください。

 

ということで、

犬山城に行くと、城作りの色んな面が見れるんですよ!

楽しいですよね!

ということで、西側のディフェンスは堀と土塁でがっちりな犬山城でした。

 

じゃあね🖐️

 

2019年01月24日
犬山城マイスター!たかまる。

▲ 画像クリックでプロフィールへ

 

犬山城マイスター!たかまる。は、お城をこよなく愛するナビゲーターです。
犬山城に関する活動を独自に、そして精力的に展開しています。
(資格など)
日本城郭検定準1級(1級を取得予定)
公益財団法人 日本城郭協会 会員
公益財団法人 犬山城白帝文庫 会員
★ 訪れた城跡や史跡は全国で300箇所を超える。
★ 犬山城天守・犬山城跡の散策は通算500回以上!
★ ほぼ毎日、犬山城の写真を撮り続けて1000日以上!

 

– 写真はすべて、たかまる。が撮影したもの、または使用を許可されたものです。
– 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
– 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。

 

一緒に読むとより楽しい“関連記事”

今回の内容に関連して、一緒に読むとさらに楽しくなる記事をご紹介!


みんなとシェアしてね!
error


【犬山で泊まるなら】



【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

たかまる。のブログを購読して、更新情報を届けてもらおう!

 
 


この記事をみんなでシェアする!