城山に登らせない工夫がえげつない。東の谷だから東谷。-犬山城ちょこっとメモ #0032



犬山城は城山一帯が中心ですが 、その麓、東側も城郭の一部だったんです。

それが東谷です。


▲ お城巡りの必需品です。たかまる。も、もちろん愛読+スタンプラリーしています。


【スポンサーリンク】

城山に登らせない工夫がえげつない。東の谷だから東谷。-犬山城ちょこっとメモ #0032

※ 犬山城ちょこっとメモでは、犬山城についての情報をちょこっとずつお届けしています。


犬山城は南から望むと、小高い山に築かれていることがわかります。

それを地元では城山と呼んでいます。

今は天守しか現存していないので、他に建物などは残っていませんが、城山全体に本丸や二の丸などが築かれていた大城郭です。

▲ 犬山城は小高い山を中心に築かれた平山城だ

 

しかし城山の麓、東側と西側は、その地形上、かなり無防備になってしまうため、城山に登らせない工夫がたくさんしてあります。

東側には東谷と呼ばれる曲輪 (くるわ) があり、その外側には堀と土塁 (どるい)、そして厳重な門、武家屋敷がありました。

東谷から城山へは急激に地形が高くなるため、ただでさえ登ることが難しいですが、さらに、切岸 (きりぎし) を二段に構える徹底ぶり。

登りきった先には櫓や塀などのほか、多聞櫓 (たもんやぐら) も配置するなど、厳重に備えていました。

それは、えげつないほどです(笑)

 

切岸のことが気になった方はこちらもどうぞ。

東谷の遺構は、現在ではほとんど失われてしまいましたが、近年の発掘調査で切岸が状態良く残っていることがわかり、東谷の重要性とその価値が再発見されたと言えるでしょう。

2019年2月13日-今日の犬山城は?

▲ 東谷のさらに外側は、今は住宅地になっています。

 

2019年 2月13日

今日は、薄曇りの朝です。

空気が冷え込んでいますので、寒さ対策をしっかりとしていきましょう!

 

 

ということで、

東谷の防御がえげつないぐらい凄いことがわかりますね。

ということで、

東をガンガンに守っている、犬山城でした。

じゃあね🖐️

2019年02月13日
犬山城マイスター!たかまる。

– 写真はすべて、たかまる。が撮影したもの、または使用を許可されたものです。
– 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
– 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。

みんなとシェアしてね!


【犬山で泊まるなら】



【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

たかまる。のブログを購読して、更新情報を届けてもらおう!

 
 


この記事をみんなでシェアする!