犬山城・本丸の南西隅には大手道を狙撃できる櫓があった。その名は鉄砲櫓!



犬山城本丸の櫓のうち、唯一大手道に接しているのが、鉄砲櫓です。

その名の通り、鉄砲などの武器を保管していたのでしょう。


【スポンサーリンク】


※ 犬山城ちょこっとメモでは、犬山城についての情報をちょこっとずつお届けしています。


【スポンサーリンク】

このページの目次  

概要

犬山城本丸のうち、唯一大手道に 接している櫓があります。

その櫓の名前は鉄砲櫓です。

その名の通り、鉄砲などの武器を保管する武器庫として使われていたようです。

▲ 鉄砲櫓跡の石垣。現在の建物は模擬櫓で、鉄砲櫓とは関係のない建物だ。

 

鉄砲櫓は二重櫓だったようです。

本丸の南端に位置しており、大手道の岩坂門のあたりにありました 。

今は模擬櫓がありますが、これは鉄砲櫓とは何の関係もないものだそうです。

ここから大手道を上がってきた敵兵に対して攻撃を仕掛けるように、石垣は櫓の部分だけ突出したような形になっています。

いわゆる出隅になっています。

▲ 右手にあるのが岩坂門。その左上の二重櫓が鉄砲櫓だ。

 

岩坂を登ってきた敵兵を鉄砲櫓から迎撃して、殲滅する作戦のようです。

非常に重要な役割の櫓と言えます。

 

 

ということで、

 

鉄砲櫓から大手道の様子をつぶさに観察して、迎撃体制をとっていたのでしょうね。

 

ということで、

本丸を守る攻撃的な櫓のある、犬山城でした。

 

じゃあね🖐️

 

2019年03月12日
犬山城マイスター!たかまる。

 

– 写真はすべて、たかまる。が撮影したもの、または使用を許可されたものです。
– 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
– 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。

 

みんなとシェアしてね!
error


【犬山で泊まるなら】



【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

たかまる。のブログを購読して、更新情報を届けてもらおう!

 
 


この記事をみんなでシェアする!