犬山城は連郭式(れんかくしき)=くるわ三兄弟なのだ! 曲輪の配置が典型的でびっくり!



犬山城の曲輪(くるわ)の配置は、典型的な連郭式(れんかくしき)です。

連郭式とは本丸を最奥に配置し、その手前に二の丸、さらにその手前に三の丸と配置した縄張りのことです。

それを、たかまる。は「くるわ三兄弟」と呼んでいます。

今回は、犬山城の曲輪の配置が如何にくるわ三兄弟ならぬ、連郭式なのかを見ていこう!


【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

縄張り図で全体を見る。

文字読むより見た方が早いから、まずはたかまる。作図の縄張り図をご覧ください。

▲ 犬山城縄張り図(たかまる。作図)

これを見ながら順に説明していきます。

本丸は最北端で、後堅固。

犬山城は標高85メートルほどの小高い山に築かれています。

その山の最高所でもある最北端に本丸を配置し、その北側は断崖絶壁で木曽川が流れる天然の要害です。

▲ 本丸は犬山城の最北端にあり、その北側は木曽川が流れ、断崖絶壁になっている

これを後堅固(うしろけんご)と言います。

後堅固というのは城の後側の守りが堅いことを意味しています。

後堅固についての詳細はこちらの記事もご覧ください。

本丸の東西はこれまた急峻な崖になっており、これだけで防御性は高いでしょう。

さらに、東は東谷曲輪、西は西谷曲輪を作り、武家屋敷を置いて守らせましたので三方の守りが手薄になりがちな連郭式の弱点を見事に補っています。

本丸の南側には、二の丸。

犬山城のある山を通称・城山と呼びますが、この城山は本丸から南に行くにつれてなだらかに低くなっています。

本丸の南側には二の丸が配置されています。

▲ 本丸の手前に二の丸が配置されている。ちなみに、犬山城の二の丸は四つの独立した曲輪から成り立っていた

ちなみに、犬山城の二の丸は特徴的で、四つの独立した曲輪から構成されています。

中世の山城や平山城に見られた特徴を色濃く残す曲輪です。

二の丸の南側には、三の丸。

さらに 二の丸の南側には三の丸が配置されています。

順番に見てきて分かると思いますが、本丸よりも二の丸、二の丸よりも三の丸の方が大きく広くなっています。

▲ 二の丸の手前に三の丸が配置。三の丸の大きさは二の丸の比ではない。

犬山城は典型的な連郭式なのだ。

改めて犬山城の縄張り全体を見てみましょう。

▲ 奥から本丸、二の丸、三の丸と配置されている。これは典型的な連郭式だ

一番奥に本丸、その手前に二の丸、さらにその手前に三の丸という配置は連郭式(れんかくしき)と呼ばれています。

ここで一般的な連郭式のイメージ図を見てみると、次のように描かれることがほとんどです。

▲ 一番奥に本丸、その手前に二の丸、さらにその手前に三の丸という配置が連郭式

ね、どうですか?

犬山城そのものじゃないですか?

これはだんご三兄弟のようなので、たかまる。は「くるわ三兄弟」と呼んでいます(笑)

あなたも「くるわ三兄弟」って呼んでくださいね!

さて、連郭式というのは本丸を最も奥に配置し、その手前に二の丸、さらにその手前に三の丸と配置した縄張りのことを言います。

曲輪(くるわ=郭)が連なったように見えることから「連郭式」と呼ばれるようになりました。

犬山城の縄張りと比較すると一目瞭然ですが、典型的な連郭式になっているのがよくわかりますね。

東西の曲輪があるから連郭式じゃないんでは?と思われるかもしれませんが、東西の曲輪は山麓にあるため、本丸を直接守っているわけではありませんでした。

なので連郭式と考えて良いと思います。

ではここからは、一般的にはどんな縄張りの形式があるのか?を見ていきましょう!

連郭式 - 縄張りの形式その1

おもに近世の城郭では縄張りには曲輪(くるわ)の並べ方によって、基本となる三つの形式があります。

その一つ目が連郭式(れんかくしき)です。

▲ 一番奥に本丸、その手前に二の丸、さらにその手前に三の丸という配置が連郭式

 

連郭式(れんかくしき)は、本丸と二の丸、三の丸を一直線に、だんご三兄弟のように並べた形式です。

本丸の三方が外と直に接するため、守りはやや手薄になります。

山の尾根に曲輪を築く山城や平山城に多く見られます。

よく例として挙げられるのは、水戸城、大垣城、彦根城などです。

そして犬山城も典型的な連郭式ですね。

 

梯郭式 - 縄張りの形式その2

縄張りの形式の二つ目は梯郭式(ていかくしき)です。

▲ 本丸の二辺を二の丸が囲み、二の丸の二辺を三の丸が囲んでいる

 

梯郭式(ていかくしき)は、本丸の二方または三方を二の丸が囲み、二の丸の二方または三方を三の丸が囲んだ形式です。

本丸が中心ではなく偏った位置になります。

この形式では、本丸の一方または二方が直に外と接するため、河川や断崖などの天然の要害を配置しているものが多く見られます。

よく例として挙げられるのが、小田原城、弘前城、岡山城などです。

 

輪郭式 - 縄張りの形式その3

縄張りの形式の三つ目は、輪郭式(りんかくしき)です。

▲ 本丸をぐるっと二の丸が囲み、二の丸をぐるっと三の丸が囲むのが輪郭式。

 

輪郭式(りんかくしき)は、本丸の四方をぐるっと二の丸が囲っている形式です。

さらに二の丸の四方を三の丸がぐるっと囲っています。

この形式は、本丸の四方に対して均等な防御力を持つ理想的な形とされていますが、城の規模が大きくなってしまう欠点があります。

また、二の丸や三の丸が意外と狭くなってしまうのも難点です。

これは平城に多く見られ、とてもわかりやすいのが駿府城です。

ほかには、米沢城、田中城、徳川大坂城、二条城などです。

 

その他の縄張りの形式

以上の三つが縄張りの形式の基本の三つです。

他には、

並郭式(へいかくしき):本丸と二の丸が並列になったもの。

渦郭式(かかくしき):本丸を中心に二の丸、三の丸が渦巻きのように並んでいるもの。

円郭式(えんかくしき):輪郭式の曲輪が丸いもの。

などの呼び方をされる分類方法もありますが、基本の3つに分類できますのであまり意味がないそうですよ。

それに、基本の三つと言っても実際の城郭の縄張りは大変複雑で、基本の三つを融合させたものがほとんどです。

山城などは特に地形を利用した縄張りになっており、一概に分類できるものではありません。

この分類はあくまでも江戸時代の軍学でつけられたもので、その通りに作られている例は少ないと思います。

お城巡りをするときは、この基本の三つを頭に入れておきつつ、実際はどうなっているのか?というのを歩いて見てまわるのも良いでしょうね。

まとめ

犬山城の縄張りは典型的な連郭式だということがよくわかりましたね。

どこが三の丸で、どこが二の丸で、どこが本丸で、という具合に縄張りを見て巡るのも乙なもんですよ。

ということで、犬山城は典型的な連郭式のくるわ三兄弟というお話でした。

じゃあね👍

2019年03月31日
犬山城マイスター!たかまる。

– 写真はすべて、たかまる。が撮影したもの、または使用を許可されたものです。
– 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
– 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。

みんなとシェアしてね!
error


【犬山で泊まるなら】



【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

たかまる。のブログを購読して、更新情報を届けてもらおう!

 
 


この記事をみんなでシェアする!