八代目犬山城主は武田清利か?中川定成か?



小牧・長久手の戦いのあと犬山は誰が治め、誰が城主になったのでしょうか?

八代目は武田清利か、中川定成か?


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】

犬山城八代目城主は武田清利か?中川定成か?

※ 犬山城ちょこっとメモでは、犬山城についての情報をちょこっとずつお届けしています。


犬山城を舞台にした小牧・長久手の戦い(天正12年、1584年)も、織田信雄と羽柴秀吉が和睦を結んで終結を迎えました。

その後、犬山を占領していた秀吉方が撤退し、織田信雄に返還されました。

秀吉の家臣の加藤光泰も犬山を去りました。

▲ 小牧・長久手の戦いののち秀吉が尾張を去り、織田信雄が再び治めることになった

 

織田信雄は尾張をもう一度治めるために検地を行いました。

そして犬山城主を決めました。

犬山城ウェブサイトや犬山市史では7代目は武田清利とされていますが、先ほどの検地の記録である「織田信雄分限帳」を見ると中川定成に犬山を与えています。

そうです。

4代目城主だった中川定成が天正13年(1585年)には城主に返り咲きました。

その後、天正14年(1586年)の書状からこのころは武田清利が犬山にいたと推定されています。

武田清利については織田信雄の家臣ということぐらいで、ほとんど記録がありません。

調べてもほとんど出てきません。

根気よく調べなきゃいけないですね。

●城主データ●

中川定成

八代目城主

在位 約1年:天正12年(1584)11月~天正13年(1585)

●城主データ●

武田清利

九代目城主

在位 約1年:天正14年(1586)~天正15年(1587)7月ごろ

今日 2019年4月18日の犬山城は?

▲ 今日は晴れました!暑くなるようだ!

2019年 4月18日

今日は 晴れました。

とても暑くなるようです。

調節できる服装で!

今日も一日頑張りましょう!

ということで、

 

八代目は中川定成、九代目は武田清利とします。

 

ということで、

混乱の天正期もじっとしていた、犬山城でした。

 

じゃあね🖐️

 

2019年04月18日
犬山城マイスター!たかまる。

 

– 写真はすべて、たかまる。が撮影したもの、または使用を許可されたものです。
– 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
– 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。

 

みんなとシェアしてね!
error


【犬山で泊まるなら】



【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

たかまる。のブログを購読して、更新情報を届けてもらおう!

 
 


この記事をみんなでシェアする!