【開催レポート】2019年5月18日(土) 犬山城をワイガヤする会「わいまる。」を開催しました!



 

犬山城をワイガヤする会「わいまる。」が約半年ぶりに帰ってきましたーーー!

『移築門をゆく』~瑞泉寺・内田門~

ということで、移築された門を訪ね、そして門跡を探索しました。

今回のブログはその開催レポートです。

 


【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

開催レポート

 

ボランティアガイドさんが行っている定期ルートのガイドとは異なり、わいまる。は普段あまり行かないであろう所や、普段あまり語らないであろうことを、ワイワイガヤガヤする会なので、マニアックな感じになっています。

今回も、かつては犬山城の城門だった内田門が移築されているというお寺を訪ね、門を観ながら悠久のときを感じました。

 

瑞泉寺訪問

訪れたのは、瑞泉寺というお寺です。

名鉄犬山遊園駅東口から徒歩5分の所にあります。

▲ 段丘にあるお寺なので、坂道が多いです。(写真提供:じじ・えどわーどさん)

 

 

瑞泉寺では枯山水を観たり、御朱印をいただいたり。

犬山城のことではないことも併せて体験・体感できるのがわいまる。の魅力でもあります。

 

移築された内田門を見学

瑞泉寺を堪能した後は、移築された内田門を見学しました。

みなさん門はあまり詳しくないということで、城門として使われていた門の種類「薬医門・高麗門・櫓門」について簡単に説明を加えながら、内田門の解説をしました。

薬医門と高麗門の違いに、一同「へぇ~」でした。

▲ 瑞泉寺山門はその前にある樹齢350年のクスノキが大きすぎて、写真に収めるのが大変です

 

▲ オレンジのTシャツがたかまる。 ただいま門について解説中。(写真提供:じじ・えどわーどさん)

 

江戸時代の絵図では櫓門の形で書かれていますが、瑞泉寺の山門は薬医門です。

また、当時のままにしては柱などの表面加工が綺麗すぎるのが疑問です。

この辺りはまだまだ判明していないことが多いようです。

みなさんで、あーではないか?こーではないか?と言いながら推測をしてみたり、時には冗談を交わしたり。

これもまた、わいまる。の楽しみの一つです。

ワイワイガヤガヤするのが「わいまる。」なので。

 

木曽川沿いを散策

瑞泉寺を後にして、木曽川沿いをぶらぶらと歩きながら犬山城内田門跡を目指しました。

▲ あいにくの曇り空でしたが、暑くもなく寒くもなくって感じでゆったりと散策(写真提供:じじ・えどわーどさん)

 

 

木曽川沿いは、橋を架けるまではどうやって渡っていたの?という質問も。

内田の渡しと鵜沼の渡しという渡し船があったこと、常夜灯が今でも残っていること、内田湊や犬山湊があって木曽川が交通の要衝として重要だったことなど説明をしました。

こうやって質問をいただけると解説の幅が広がって、とても楽しくなります。

 

内田門跡を探索

そして、内田門がかつてあった場所を江戸時代の絵図を握りしめながら、現地探索。

これにはみなさんも、こっちか?あっちか? ここか?いや、あそこだろう?と、

思い思いに探してみえました。

調査などが十分に行われていないため位置までは確定していませんので、私なりの答えをお伝えしてみんなで「納得」。

たしかに絵図と現況を比較すると、だいたいこのあたりだよねってところまではみんなで探し当てることができました。

▲ この辺りかなぁ?と言いながら散策しました(内田門跡はここではありません)

わいまる。は、「先生」がいて解説を聞いていくというツアーではありません。

みんなで犬山城のことをワイワイガヤガヤする会なので、みんなで答えを探していくというスタイルもこの会の良さかなぁと思っています。

 

予定を変更して

最後、犬山遊園駅あたりまで戻って解散にしようと思っていましたが、

みなさんが絵図を頼りに現況を一生懸命に探索しているので、急遽、松の丸の石垣跡と内田門南側の外堀跡も見学することにしました。

(名鉄犬山ホテル様。勝手な見学をお許しくださいませ)

立ち入り禁止のところにはさすがにいけませんが、近くまで行ってあそこに石垣があるのわかります~?とか、この池みたいなのが外堀跡なんですよ~なんて言いながら散策。

集団でやぶの中を眺めて指をさしているので、通りすがりの観光客の方が「なにがあるの?」という感じで一緒にのぞき込んだり(笑)

これもまた、わいまる。の楽しさの一つかな(笑)

そして、本当の最後に、名鉄犬山ホテルと犬山城の雄姿を写真に収めてもらって終了しました。

 

 

参加者の声

参加していただいた方の声を少しだけ紹介します。

・とても楽しかったです。いろんなものを見たし、いろんな人にも見られたし(笑) また参加させてください。楽しみにしています。

・古地図を見ながら散策楽しかったです。通りすがりの方の反応を見たとき、本当に私たちはマニアックな集団だなぁとしみじみ。その一員として毎回、居心地よく参加させてもらえて感謝です。

 

ありがとうございます!

こんなうれしいお声をいただき、たかまる。は感激です!

次回も張りきっちゃうぞー(笑)

ということで、開催レポートでした。

 

今回のルートをおススメ

今回のわいまる。で訪れたルートを、犬山城のお楽しみルートとしておすすめしてます。

詳しくはコチラのブログもご覧くださいませ。

たかまる。特性のGoogle map付ですので、わいまる。と同じように散策することができますよ!

 

 

 

 

わいまる。とは

 

 

わいまる。とは、

犬山城をワイガヤする会です。

 

一般的なガイドでは案内してもらえないようなマニアックなことを、地元で活動している犬山城マイスター!が解説し、みんなでワイワイガヤガヤします。

どなたでも参加いただけるオープンな会ですよ!

 

開催は不定期ですが、いつも好評いただいているイベントです。

 

 

 

 

第13回 わいまる。の詳細

 

犬山遊園駅から瑞泉寺・内田門を見学。
犬山の地形を辿りながら内田門跡地へと進んで妄想を膨らます「大人の社会見学」。

【テーマ】 移築門をゆく!瑞泉寺・内田門
 犬山城の内田門が移築された瑞泉寺と、内田門跡を見学しました。
【日にち】 2019年5月18日(土)
【とき】 13:00~15:00
【参加費】 2,000円(資料代として)
【集合場所】 犬山遊園駅東口(map
【持ち物】 犬山城のことを知りたい気持ち
【ナビゲーター】 犬山城マイスター!たかまる。
※ 移築された内田門と内田門跡の見学でした。犬山城本丸には入場しませんでした。

 

 

 

たかまる。のプロフィール

 

 

犬山城マイスター!たかまる。は、

お城をこよなく愛するナビゲーターです。

犬山城に関する活動を独自に、

そして精力的に展開しています。

(資格など)
日本城郭検定3級(2級、準1級を取得予定)
公益財団法人 日本城郭協会 会員
公益財団法人 犬山城白帝文庫 会員
東海古城研究会 会員
★ 訪れた城跡や史跡は全国で300箇所を超える。
★ 犬山城天守・犬山城跡の散策は通算500回以上!

 

もっとプロフィールを見たいよってあなたは、下記のリンクから詳細ページをご覧ください。

 

 

ということで、第13回 わいまる。の開催レポートでした

じゃあね👍

 

 

2019年05月19日
犬山城マイスター!たかまる。

 

– 写真はすべて、たかまる。が撮影したもの、または使用を許可されたものです。
– 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
– 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。

 

みんなとシェアしてね!
error


【犬山で泊まるなら】



【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

たかまる。のブログを購読して、更新情報を届けてもらおう!

 
 


この記事をみんなでシェアする!