犬山城天守は地下2階建てで珍しい!姫路城や松山城は地下1階建てなのに。

犬山城天守は地下があるんですけどね。

え?

どこが地下かって?

それは、石垣のところです。

しかも地下2階建てだっていうのは珍しい❗

そんな疑問を解決する「数字でみる犬山城シリーズ」

犬山城天守は地下2階建て!

▲ 石垣のところを地下とカウントする

天守は基本的には石垣の上に築かれています。

その石垣は時代とともに高いものへと進化していきます。

犬山城の天守台(天守の石垣)はおよそ5mの高さですが、それ以上に特徴的なのは地下2階建ての、しかも穴蔵だということです。

穴蔵とは、盛り土に横穴や竪穴を作った部分のことを差します。

穴蔵から天守に上がるのは、現存天守では姫路城と犬山城ぐらいでしょうか。

しかも、地下2階建ては犬山城だけなんです。

他の城郭と比較しよう!

代表的な他の城郭と比べてみましょう。

姫路城 / 地下一階

松山城 / 地下一階

名古屋城 / 地下一階

他の天守で地下があるものも、地下一階のものばかり。

地下2階は犬山城だけ!   

まとめ

犬山城天守石垣は、地下2階の穴蔵構造でした。

これはおそらく唯一のもので、とても貴重だと言えます。

ということで、犬山城の地下の階数をご紹介しました。

じゃあね🖐️

2019年05月22日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA