犬山城天守の瓦は32,000枚。姫路城の半分以下だった。

天守の屋根の瓦の数は何枚なんでしょうね。

知ってますか?

犬山城天守には瓦は何枚のっているでしょうか?

そんな疑問を解決する「数字でみる犬山城シリーズ」

犬山城天守の瓦は32,000枚

▲ 屋根の瓦は32,000枚

犬山城天守の屋根の瓦は◯◯瓦で全部で約32,000枚が使われています。

これが多いのか、少ないのか、いまひとつピンときませんね(笑)

では、さっそく他の城と比べてみましょう!

他の城郭と比較しよう!

代表的な他の城郭と比較してみましょう。

姫路城大天守 / 75,450枚

彦根城天守群5棟 / 84,672枚

丸岡城天守 / 石瓦 約6,000枚

新発田城御三階櫓(木造復元)/17,711枚

さすが姫路城大天守は大きいですね。

大天守だけで75,000枚だそうです。

松本城は大天守、小天守、渡櫓、付櫓、月見櫓の5群で84,000枚。

犬山城天守は意外と多いのかも知れませんね。

ちなみに丸岡城は石瓦でサイズも異なるので、枚数はあまり充てにならないかも。

まとめ

犬山城天守の瓦は32,000枚ありました。

他の天守と比較してみるのも面白いですね。

ということで、犬山城天守の瓦の数をご紹介しました。

じゃあね🖐️

2019年05月29日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA