「はじめての御城印集めガイド」って本が出るからご紹介します。

お城巡りの楽しみ方は人それぞれありますけど、御城印って聞いたことありますか?

いまお城関係ではとても話題の「御城印」ですが、いよいよガイドブックが発売されるということでamazonで予約が開始されていましたので、本の紹介をしたいと思います。

そもそも御城印(ごじょういん)とは

  • 御城印は、城の名前や家紋などを和紙などに描いたもの
  • 呼び方はさまざまあるが、本記事では「御城印」と呼ぶ
  • 始まりは国宝松本城
  • 2019年に一気にブームに
  • 一枚300円前後

今話題の御城印について簡単にまとめてみました。

御城印とは

そもそも御城印(ごじょういん)とは、城の名前や城にゆかりのある城主の家紋・花押(かおう)などの印を半紙(和紙)に押したもののことを言います。

シールになったものもあります。

お寺や神社で参拝の記念としていただける御朱印に似ています。

お城の登城記念に購入することができます。

呼び名

呼び方はいろいろあって、「御城印」(ごじょういん)、「登城記念御朱印」(とうじょうきねんごしゅいん)、「御城朱印」(ごじょうしゅいん)などがあります。

この記事では「御城印」と呼ぶことにします。

歴史

歴史というほどのものではありませんが、御城印の始まりを。

それは、国宝天守を持つ松本城です。

1990年(平成2年)ごろから販売を開始したようですが、詳しいことは資料など残っていないようでわからないそうです。

各地に御城印が広まったきっかけは2016年に起こった熊本地震。

これにより熊本城なども甚大な被害を受けましたが、売り上げの一部を熊本城の復興支援にしようと郡上八幡城などが発行するようになったのがきっかけだそうです。

そして平成から令和への改元にあわせるように、各城で御城印の発行が加速。

いまでは御城印を発行しているお城は50城とも100城とも言われています。

もらえる場所と価格

御城印はどこでもらえるかというと、各城の城内や近隣にあるお土産屋さん、観光案内所などさまざまです。

御城印を集めるときは事前に調べたり問い合わせたりした方がよいでしょう。

価格はおよそ200~300円です。

お寺や神社でもらえる御朱印と違って印刷されているものがほとんどですので、その辺りはあらかじめ知っておきたいところですね。

ガイドブック

  • ガイドブックも発売している
  • 初期のころの御城印が一冊にまとまっている

そんなブームにあやかってかどうかはわかりませんが、御城印のガイドブックが発売されます。

リンクを貼っておきます。

気になる方はポチっとして見てください。

ちなみに、筆者はすでに購入予約しました(2019年8月10日現在)。

付録のオリジナル集印帳なんかはポイント高いですよね。

御城印帳は持っていますけど、2冊目として活用しようかと思っています。

詳しい紹介はamazonの詳細欄をご覧ください。

内容紹介

いま大人気の「御城印」を紹介する、初のガイドブック! 
家紋デザインの「オリジナル集印帳」つき! 

全国100城の「御城印・城郭符」をエリア別に紹介しています。
御城印に描かれている家紋や花押も詳しく解説。
各城のガイドと、城内寺社の御朱印や、お土産も厳選して掲載。
限定の「御城印」情報も紹介しています。 

【特別付録】家紋デザイン オリジナル集印帳 
表裏両面に102の異なる家紋をあしらいました。
薄い紺色と生成りを合わせた家紋が引き立つ色合いと、手すき和紙風のあたたかな手触りをお楽しみください。
仕様:日本製、奉書紙使用、ジャバラ式48ページ、タテ181×ヨコ121×厚さ14ミリ

出版社からのコメント

あなたもきっと集めたくなる! 
魅力的な「御城印」100枚以上を一挙掲載! 
お城めぐりの新しい楽しみに、加えてみてはいかがでしょう?

御城印とは、城名の揮毫や城主の家紋印などをあしらった登城記念証で、「城郭符」「登城記念符」「御御朱印」など呼び方はさまざまです。
約30年前に松本城で販売が開始され、令和の改元を機に一気に数が増えて、現在約100城のお城で作成・販売されています。

地域特産の和紙を使用したり、城主の書状の筆跡から城名を写したり、地元出身の書家が揮毫を書いたりとと地元愛にも溢れています。
一枚約200~300円ほどで購入できるため、いま登城の記念に集めはじめる方が増えています。

御城印を作成しているお城には、日本100名城や続日本100名城のお城も多く含まれいますので、100名城スタンプラリーを楽しまれている方にも、もう一つの楽しみとしておススメです。

今回、102の家紋をあしらったオリジナルデザインの「集印帳」をつけました。御城印集めをより楽しんでいただけるよう、デザインや色、日本製の仕様にこだわりました。付録のみの販売は予定しておりませんので、すでに御城印帳をお持ちの方も、この機会に二冊目、三冊目の御城印帳としてご入手ください。
御朱印帳としてご利用いただくことも可能です。

画像をクリックするとamazonにジャンプします。

詳細を知りたい方、購入したい方はこちらからどうぞ。

こういうガイドブックがあると、御城印集めも一段と楽しくなりそうですね。

犬山城の御城印

▲ 犬山城の御城印。

この記事を書いているのは「犬山城マイスター!たかまる。」ですので、犬山城の御城印の話をしないわけにはいきません!

なんですが、すでに記事を書いていますのでそちらをご覧くださいませ。

犬山城の『御城印』。4つの家紋のちょっとマニアックな意味をご紹介します。

御城印は御城印帳に!

  • 御城印は御城印帳に保管しよう
  • おススメの御城印帳がある

御城印は御城印帳に入れましょうね。

御朱印とは違うので御朱印とは別々にしておきましょう。

そして御城印は御城印帳に入れましょう。

amazonではほとんど売っていないですが、城びとから発売しているものが販売されていたのでリンクを貼っておきますね。

created by Rinker
城びと
¥3,080 (2020/10/19 07:10:49時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

  • 御城印のガイドブックが出るほどブームに
  • お城巡りのおともに

御城印ブームもガイドブックが出るほどの反響になりました。

各地で発行がすすんで、どんどんとお城巡りを楽しんでもらいたいですね。

ということで、「はじめての御城印集めガイド」についてのお話でした。

じゃあね🖐️

2019年08年10日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA