現存12天守の高さ

日本にはお城は30,000~50,000あったと言われています。

その中で1500年代末から江戸時代にかけて建てられた天守が現存しているのは、たったの12です。

今回はそれらを「高さ」という点で比較してみましょう。


【スポンサーリンク】


現存12天守とは?

まず現存12天守とは、

弘前城
松本城
丸岡城
犬山城
彦根城
姫路城
備中松山城
松江城
丸亀城
宇和島城
松山城
高知城

の天守です。

現存天守についてはコチラ↓↓↓の記事もどうぞ。

[blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/7280″]

高さ比べ

現存天守の高さを比較してみましょう。

順位天守名構造高さ
姫路城五重六階地下一階約31.5m
松本城五重六階約25.0m
松江城五重六階約22.4m
松山城三重三階約20.0m
高知城四重六階約18.6m
犬山城三重四階地下二階約18.0m
宇和島城三重三階約15.7m
彦根城三重三階約15.5m
丸亀城三重三階約14.5m
10弘前城三重三階約14.4m
11丸岡城二重三階約12.5m
12備中松山城二重二階約11.0m

※天守の高さは、天守台の上段から最上重の棟までのおおよその高さ。

一番高いのは姫路城、一番低いのは備中松山城です。

姫路城は五重六階建てなので30mを超えてもうなずけます。

三重の天守は15m前後が主のようです。

備中松山城は唯一の山城ですが、そこにあまり高い天守は必要なかったのでしょう。

犬山城の天守の高さ

※この記事は犬山城マイスター!たかまる。が執筆していますので、犬山城についてもピックアップしてご紹介します。

犬山城天守は三重四階地下二階建てで約18.0mですので、大きすぎず小さすぎず、ちょうど良い高さなのではないかな?と思います。

まとめ

現存天守の中で一番高いのは姫路城、一番低いのは備中松山城でした。

ということで、現存天守の背比べでした。

じゃあね🖐️

 

2019年09月22日
犬山城マイスター!たかまる。

▲ 画像クリックでプロフィールへ

 

【解説した人】

日本城郭検定準一級合格者です。

犬山城マイスター!たかまる。は、お城をこよなく愛するナビゲーターです。
犬山城に関する活動を独自に、そして精力的に展開しています。
(資格など)
日本城郭検定準1級(1級を取得予定)
公益財団法人 日本城郭協会 会員
公益財団法人 犬山城白帝文庫 会員
★ 訪れた城跡や史跡は全国で302箇所を超える。
★ 犬山城天守・犬山城跡の散策は通算507回以上!
★ ほぼ毎日、犬山城の写真を撮り続けて1092日以上!
[blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/home/top-5″]

 

– 写真はすべて、たかまる。が撮影したもの、または使用を許可されたものです。
– 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
– 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。

 

一緒に読むとより楽しい“関連記事”

今回の内容に関連して、一緒に読むとさらに楽しくなる記事をご紹介!

[blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/7280″] [blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/6897″]

おススメの本

今回の内容に関連して、おススメの本をご紹介!



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本の城ベストランキング (晋遊舎ムック)
価格:1080円(税込、送料無料) (2019/9/2時点)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です