付家老のお仕事展に行ってわかったこと

犬山にある城とまちミュージアムで付家老のお仕事という特別展が開催されています。

付家老という役職の立場や仕事の内容がよく分かる展示になっています。

歴史をより深く知りたい方にはもってこいです。


成瀬正成は徳川家康の小姓組だった。

付家老(つけがろう)のお仕事展は見所が満載です。

まず注目してほしいのは、付家老と将軍家との関係性です。

元々、付家老となった成瀬正成(なるせまさなり)や安藤直次(あんどうなおつぐ)は徳川家康の小姓組として活躍していました。

その頃の様子を描いているのが「小牧長久手合戦図」(犬山市白帝文庫蔵)です。

従来はここに出てくる武将などに注目が集まりますが、今回は付家老となった成瀬正成と安藤直次に注目してみてください。

徳川家康の小姓として家康の近くに描かれていたり、その活躍ぶりが描かれているのが分かると思います。

絵図から立場を読み解く。

次に注目してみて欲しいのが「名古屋城下図」(名古屋城白帝文庫蔵)です。

ここには付家老となった成瀬家(なるせけ)と竹腰家(たけのこしけ)の屋敷も書かれています。

城郭の南には上屋敷、東に中屋敷、そのさらに東には下屋敷も描かれています。

これだけの屋敷を与えられていたのは他にはありません。

つまり付家老である成瀬家や竹腰家は、尾張藩の中でもトップの地位にあるということがよくわかります。

絵図に書かれている文字はかなり小さいので見えにくいと思いますが、じっくりと見て探してみてください。

また江戸においても尾張藩の上屋敷の向かいに成瀬家、竹腰家が屋敷を構えていたのがわかります。

これも「武州豊島郡江戸庄図」(犬山城白帝文庫蔵)などの江戸の絵図から読み取れます。

古文書などがズラリ。だけど・・・

他にも古文書などが多数展示されており、歴史的にも大変興味深いものですが、付家老についてある程度の知識がないと少々難しい内容かと思います。

付家老については下に簡単にまとめておきましたので、一緒にご覧ください。

この特別展ではこれらの展示品の解説なども含めて、理解を深めるために特別展の冊子が販売されています。

1冊1,000円(税込み)です。

展示を何度もじっくりと見られると良いのですが、そういうわけにもいかない方にはこの冊子はとてもおススメです。

筆者が特別展に行ったときにも、何人も買われていましたよ。

このような冊子は、それぞれの資料館などでも特別展を開催した時に発行されるものですが、数に限りがありますのでお早めにお買い求めください。

そもそも付家老とは?

付家老について簡単にまとめておきます。

そもそも付家老ってなに?という方はサクッと読んでください。

江戸時代初期に「御三家」が創設されました。

このときに徳川家康が藩主に付属させた家老職のことを付家老と言います。

御三家の藩主が幼少だったため、御守役もかねて藩政を任せるために家康が自分の家臣から御三家の家老を派遣したわけです。

尾張藩は成瀬家・竹腰家、紀伊藩は安藤家・水野家、水戸藩は中山家の五家のことを言います。

「五家」の初代は、

尾張藩(初代藩主は家康9男の義直):成瀬正成、竹腰正信

紀伊藩(初代藩主は家康10男の頼宣):安藤直次、水野成仲

水戸藩(初代藩主は家康11男の頼房):中山信吉

大名ではないですし、有名武将でもないのでなかなか知らないとは思いますが。

まとめると、

・付家老は御三家(尾張、紀州、水戸)の家老である。

・徳川家康が御三家に付属させた。

・付家老は五家あり、尾張藩の成瀬家・竹腰家、紀伊藩の安藤家・水野家、水戸藩の中山家。

これを最低限知っておくと、付家老の立場や仕事について理解しやすいと思います。

「付家老のお仕事」展はどこでいつやってるの?

「付家老のお仕事」展は、犬山城の三の丸にある犬山市文化資料館「城とまちミュージアム」で開催されています。

詳細は下記の通りですので参考にしてください。

場所:城とまちミュージアム(犬山市文化史料館)

開館時間:午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

入館料:100円、中学生以下無料

主催:公益財団法人犬山城白帝文庫

後援:犬山市教育委員会

まとめ

「付家老のお仕事」に行って付家老と尾張藩や将軍家とのつながりについて見ることができました。

将軍家や尾張藩の歴史を振り返る時に付家老も一緒に考えると、より深く歴史を楽しむことができると思います。

ということで、「付家老のお仕事」展に行ってきたレポートでした。

じゃあね🖐️

2019年10月23日
犬山城マイスター!たかまる。

おススメの本

今回の内容に関連して、おススメの本をご紹介!



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本の城ベストランキング (晋遊舎ムック)
価格:1080円(税込、送料無料) (2019/9/2時点)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA