耐震補強工事の中間報告2019年8月

犬山城天守の耐震補強工事が始まっておよそ1か月がたちました。

現在は2019年8月です。

工事が始まってから初めて天守にあがってきましたので、立ち入り禁止区域ができたり、入場無料になったりといろいろとありますが、立ち入ることができた範囲でレポートしてみたいと思います。

大手道に新しい案内板ができていたのでご紹介します。

お城巡りをするとき、大事な情報源の一つが案内板です。

それぞれの城跡や天守(現存天守のほかに、復元天守、復興天守、模擬天守を含む)に案内板が設置されていて、その城跡などの貴重な情報が載せられています。

これらの案内板を読むと、さらに想像を掻き立てられるため筆者は必ず読むようにしています。

犬山城にも案内板がありますが、古くなったものは順次新しいものにリニューアルされたりしていますが、大手道に新しい案内板ができたのでご紹介します。

子の案内板で犬山城のことの理解をさらに深めてもらえればと思います。

犬山城の天守が入場無料に?令和元年の大修理の詳細が明らかに(令和元年7月~12月)

国宝犬山城天守は、令和元年(2019)7月から12月末まで耐震補強工事&屋根瓦の葺き替えが行われることになり、詳細が市から発表されました。
入場制限をするから入城料無料になる期間もあるんだとか。
ということで、犬山市教育委員会が発表している内容をまとめてみました。
今後の来城の参考にしてください。

犬山城天守の『付櫓(つけやぐら)』は、東南隅と西北隅に二つもあって実は珍しいのだ!

犬山城天守を正面から見ると、右手前(東南隅)にポコって飛び出たところがあります。
これ、付櫓(つけやぐら)っていう防御施設なんです。
ここまでは大体皆さん聞いたことあると思います。
が、実は犬山城天守には付櫓がもう一つあるんです。
それが西北隅の付櫓です。
付櫓が二つある天守は大変珍しいので、それをご紹介しますね。

【おすすめルート】瑞泉寺~木曽川畔~犬山城-移築門と犬山城を同時に楽しむ方法

犬山城に初めて行くけどどこから行ったらいいの?いっつも同じルートでお城巡りしててもつまらない!犬山城も南から攻めてばかりじゃ、飽きちゃいません?そんなあなたにお薦めの犬山城の見どころを楽しんじゃうルートがありますよ。今回は、そんなおすすめルートをご紹介します。

犬山城天守が大修理工事に入ります。写真を撮るならいま!-犬山城天守保存修理工事(令和元年6月~12月)

国宝犬山城天守は、平成30年度に耐震工事などを天守内部で実施しましたが、令和元年(2019)6月から半年ほどかけてまたまた工事が始まります。詳細は始まってみないとわかりませんが、だいたいのことはわかってきました。ということで簡単にまとめてみました。今後の来城の参考にしてください。

犬山城『日本100名城スタンプ』のススメ。スタンプ押そうぜ!

お城巡りの楽しみの一つに、日本100名城スタンプがありますよね。え?そんなのあるの?というあなたのために、犬山城の『日本100名城スタンプ』の場所を丁寧にご紹介します。あわせて、そもそも『日本100名城』ってなに? スタンプってなに?という疑問にもズバリお答えします!犬山城から日本100名城スタンプ集めを始めましょう!

廃城の危機!犬山城が経験した天災とは?-築城から現在までに襲いかかった地震、台風をまとめてダイジェストでご紹介します。

犬山城は築城されて480年ほど。それから現在までに襲いかかった天災は数知れず。記録に残っているものだけでもいくつもあります。その中の地震、台風に絞ってご紹介したいと思います。