犬山城マイスター! たかまる。の、犬山城の見どころを『解体する』ウェブ

犬山城のことを『バシバシ』お届けする、専門メディアです。犬山城の見どころ満載!

犬山・上廣 歴史文化フォーラム


スポンサーリンク


2018年10月06日 (土)
 
 
今日は、なかなか面白い、そして貴重なフォーラムがあったので、
当然のように参加してきました。

犬山城を違う視点でみることができたから、
さっそくレポートします❗
 
 
 
 
f:id:takamaruoffice:20181006132502j:plain
 

 
 
 

犬山城・上廣フォーラムに行ってきた!

 
2018年10月6日に犬山国際観光センター「フロイデ」にて、
犬山城・上廣 歴史文化フォーラムが開催されました。

www.city.inuyama.aichi.jp

これは、公益財団法人 犬山城白帝文庫と、
公益財団法人 上廣倫理財団の共催です。

13時30分から、清水義範先生をお迎えしての
『尾張徳川家と付家老の話』
というテーマ。


成瀬家の話が聴けるということで、
もちろん行って来ました!
 
 
 
 


f:id:takamaruoffice:20181006144936j:plain

 

犬山城・上廣フォーラムで聴いたこと。

  
まずは、付家老ってなに?
ということ。

付家老っていうのは、
徳川家康が御三家 (尾張、紀伊、水戸) をおいたとき、
自分の子にその藩主を任せるんですが、
なんせまだ幼児のために、教育係がいるということで
自分の家臣を御三家の筆頭家老に据え置きます。

それが付家老です。

付家老の役割としては、
藩主の教育係であるのと同時に、
将軍家に対して反抗しないように
監視する役もありました。


徳川家康から直接任をうけた家老なので、
尾張徳川家の家臣なのですが、
他の家老よりも家格が高い存在です。


そこから、将軍家と尾張徳川家のあいだで奔走する訳です。


特に、尾張徳川の八代藩主・宗春が登場したとき。

将軍家の政策と反することをバンバンやった宗春。
そして、尾張家の取り潰しの危機を守ったのが成瀬家だ。

そんな話を面白くお話いただけました。
将軍家と藩主のあいだで苦労しただろうなぁ。
下手したら切腹、成瀬家取り潰しとなるかもしれない。
よく頑張ったよねー✨

難しい立ち位置だったと思いますよ。
藩主・宗春に逆らう訳にはいかないけど、
もちろん将軍家に逆らうわけにもいかず。

で、宗春を引きずりおろして尾張徳川家を守るという選択をした。
これが良かったか悪かったかは置いといて、
大変だったことは間違いないでしょう。
 

なかなか聞くことができない裏事情なんかも聞けて、
面白かったですね✨


この辺りの話はもう少し勉強して、
またレポートしたいと思います👍
 
 
 
 
ということで、犬山城・上廣 歴史文化フォーラムについてのレポートでした!
では、また。
 
 
 
 

2018年10月06日
たかまる。

 
 
 
 

  • 写真はすべて、たかまる。が撮影したもの、または使用を許可されたものです。
  • 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
  • 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。