池田恒興。小牧・長久手の戦いで犬山城を見事攻め落とし、城主に返り咲き!が、しかし!-犬山城ちょこっとメモ #0076

五代目城主・中川定成のとき、天正12年に小牧・長久手の戦いが勃発。犬山城が尾張国での緒戦となりました。その結果、犬山城は落城し、攻め落とし池田恒興が城主に返り咲きました!が、しかし。長くは続きませんでした。

【犬山城の石垣コレクション】犬山城の石垣を眺めてみたら、色んな積み方があっておもしろかった!

犬山城天守については、たくさんの方がレビューを書いたりしていますが、どれも同じことしか書いてないからそれで全部って思っている人が本当に多い!でも、そんなわけないじゃん。見所はたくさんあるんですよ。それをちょっと違う視点で解剖してみたら、おもしろいことがわかったんです。今回はそれをご紹介しますね!