復興天守(ふっこうてんしゅ)と模擬天守(もぎてんしゅ)

現存天守や復元天守ともまた違う天守もいろいろと建設されています。

規模や位置は同じだが、外観が異なる「復興天守」(ふっこうてんしゅ)と、選手の規模や位置、外観などが史実とは大きく異なる「模擬天守」(もぎてんしゅ)があります。

今回はこれらについて見てみましょう。

復元天守

現存する12天守以外に現在見られる天守は、全て再建された天守です。

それらの再建された天守は、復元天守、外観復元天守、復興天守、模擬天守に分類されます。

その中で今回は、かつての天守を忠実に再現することを目指した復元天守について見てみましょう。

現存十二天守と国宝五城

現存している天守は全国で十二だけです。

江戸時代には数多くの天守が作られましたが、火災や天災などによって失われたり、明治維新の時の廃城令によってそのほとんどが失われ、さらには太平洋戦争のときの空襲でも何城かは焼失してしまいました。

今回は、そんな中でもなくならずに残った十二の現存天守とその中でも国宝になっている五城について見ていきます。