岩櫃城(いわびつじょう)#117『山に囲まれた天然の要害で関東3名城のひとつ』

続日本100名城・117番・岩櫃城(いわびつじょう)をご紹介します。

岩櫃城(いわびつじょう)は、山に囲まれた天然の要害で関東3名城のひとつです。

群馬県吾妻郡にある山城です。

お城めぐりの参考に。

日本城郭検定を受験するときの参考に。

岩櫃城(いわびつじょう)#117『山に囲まれた天然の要害で関東3名城のひとつ』

続日本100名城・117番・岩櫃城(いわびつじょう)をご紹介します。

岩櫃城(いわびつじょう)は、山に囲まれた天然の要害で関東3名城のひとつです。

群馬県吾妻郡にある山城です。

見どころ

ひな壇状に配置された曲輪(くるわ)や、深さ5 m にもなる大きな堀(ほり)竪堀(たてぼり)、急斜面などを利用した縄張り(なわばり)が見所です。

まさに山城(やまじろ)です。

主な遺構

本丸

二の丸

中城

土塁

櫓台

など

縄張(なわばり)

岩櫃城は天然の要害です。

北は岩山に囲まれています。

南は山麓に吾妻川(あがつまがわ)があり、そこへ下る急斜面となっています。

南西には岩櫃山(いわびつやま)があります。

尾根伝いに本丸、二の丸、中城が作られています。

少し離れた北東に天狗丸(てんぐのまる)と呼ばれる出丸(でまる)が築かれました。

さらにその先には柳沢城が支城(しじょう)として構えられていました。

本丸と二の丸の間には竪堀(たてぼり)が巡らされています。

至るところに竪堀や横堀などが配置されており、天然の地形をうまく利用した堅固な山城です。

歴史

岩櫃城がいつ築城されたのかについては不明です。

伝承では大永(たいえい)年間(1521~28)には斎藤氏が吾妻郡一帯を支配していたと言われます。

歴史に大きく名をあげたのは武田信玄(たけだしんげん)による攻撃です。

永禄(えいろく)6年(1563)に武田信玄が真田幸隆(さなだゆきたか)に岩櫃城攻略を命じました。

しかし上杉謙信(うえすぎけんしん)の援軍もあり、天然の地形を生かした山城に苦戦し、2度失敗しました。

そこで真田幸隆は調略と奇襲によって、永禄(えいろく)8年(1565)にようやく攻め落とすことができました。

それ以降は真田氏が岩櫃城を居城としました。

支城には上田城(うえだじょう)や沼田城(ぬまたじょう)を構え、堅固なつくりとなっていましたが、慶長(けいちょう)19年(1614)に廃城となりました。

令和元年(2019)10月16日、国の史跡に指定されました。

岩櫃城の基本情報

※非常に険しい山で、12月1日から3月31日までは登山自粛です。

また、装備などを十分にして、見学しましょう。

別名
所在地〒377-0801
群馬県吾妻郡吾妻郡草津町大字原町
城の種類山城
築城年代不明
築城者不明
主な城主斎藤氏、真田氏
文化財史跡の区分国指定史跡
主な復元や整備
アクセスJR吾妻線「群馬原町」駅から徒歩約30分
日本100名城スタンプ設置場所平沢登山口観光案内所
東吾妻町観光協会
関連施設平沢登山口観光案内所
リンク大河ドラマ真田丸の地 岩櫃

地図・マップ

まとめ

続日本100名城・117番・岩櫃城(いわびつじょう)をご紹介しました。

岩櫃城(いわびつじょう)は、山に囲まれた天然の要害で関東3名城のひとつです。

群馬県吾妻郡にある山城です。

お城めぐりの参考にしてください。

また、日本城郭検定を受験するときの参考にしてください。

じゃあね🖐️

2020年06月18日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA