平櫓(ひらやぐら)と多門櫓(たもんやぐら)

一重櫓のことを平櫓(ひらやぐら)と言います。

城壁の上に長く続く櫓のことを多門櫓(たもんやぐら)と言います。

今回はこの平櫓と多聞櫓について見てみましょう。


【スポンサーリンク】


平櫓(ひらやぐら)

一重櫓のことを平櫓(ひらやぐら)と言います。

平櫓は最も簡単な形のやぐらです。

屋根は、入母屋造りとするか、格式が低い切妻造とされていました。

二重櫓よりも大きさも小さく、高さも低いため、物見としてはあまり使われなかったようです。

土塀などがないところに平櫓が建てられることが多かったようです。

また天守などに付属する付櫓として建てられることも多かったようです。

多門櫓(たもんやぐら)

城壁の上に長く続く櫓のことを多門櫓(たもんやぐら)と言います。

その名前の由来は多聞城(奈良県奈良市)に初めて建てられたからという説があります。

多門櫓は、土塀の代わりに城壁の上に長く続くように建てられ、本丸、二の丸といった重要な曲輪(くるわ)に建てられました。

櫓などに接続され、さらには櫓と櫓を結ぶ形で多門櫓が配置され、鉄壁の守りとなっていました。

江戸城や大阪城、名古屋城などの大きな城郭には、ほぼすべての城壁に多門櫓が建てられていました。

大阪城に現存する大手門脇の多門櫓は28間(約56m)の長さになりますが、当時の総延長は873間およそ1720mにも及んだそうです。

多門櫓は通常は一階建てで、普段は倉庫として使われることもありました。

犬山城には平櫓が2基。多門櫓もあった。

犬山城には平櫓と多門櫓があったのか?

答えはYesです。

 

平櫓は、本丸の西北隅にあった千貫櫓(せんかんやぐら)と本丸から七曲道を下ったところにある”水之手曲輪”にある水之手櫓(みずのてやぐら)です。

場所が狭く、大きい建物が建てられないために小さい平櫓になったと考えられます。

[blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/4552″]

 

多門櫓は、本丸の東側にある七曲門と大砲櫓をつなぐように建てられていました。

さらには大砲櫓と杉の丸の器械櫓とをつなぐようにも建てられていたようです。

[blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/4542″]

 

東側の防御を鉄壁なものにするためと考えられます。

 

まとめ

最も簡単な造りで、格式もそれほど高くない平櫓はいろいろなところに建てられています。

多門櫓は通常は平櫓ですが、櫓と櫓をつないて鉄壁の防御を織りなしていました。

犬山城にもかつては平櫓と多門櫓がありました。

ということで、平櫓と多門櫓のお話でした。

じゃあね🖐️

 

2019年07月19日
犬山城マイスター!たかまる。

▲ 画像クリックでプロフィールへ

 

【解説した人】

日本城郭検定準一級合格者です。

犬山城マイスター!たかまる。は、お城をこよなく愛するナビゲーターです。
犬山城に関する活動を独自に、そして精力的に展開しています。
(資格など)
日本城郭検定準1級(1級を取得予定)
公益財団法人 日本城郭協会 会員
公益財団法人 犬山城白帝文庫 会員
★ 訪れた城跡や史跡は全国で302箇所を超える。
★ 犬山城天守・犬山城跡の散策は通算507回以上!
★ ほぼ毎日、犬山城の写真を撮り続けて1092日以上!
[blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/home/top-5″]

 

一緒に読むとより楽しい“関連記事”

今回の内容に関連して、一緒に読むとさらに楽しくなる記事をご紹介!

[blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/4552″] [blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/4764″] [blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/4542″] [blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/7286″] [blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/7285″] [blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/8194″]

 

おススメの本

今回の内容に関連して、おススメの本をご紹介!



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本の城ベストランキング (晋遊舎ムック)
価格:1080円(税込、送料無料) (2019/9/2時点)



2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です