お城の忠実な復元・平成の復元ブーム

平成3年に白河小峰城の三重御櫓と門が木造で再建されました。

これをきっかけに木造で天守を復元するという動きが加速し、「平成の復元ブーム」が生まれました。

それ以外にも石垣や土塁、堀なども復元整備されるところが増えてきています。

今回は、史実に忠実なお城の復元というテーマで見てみたいと思います。


【スポンサーリンク】


天守の復元

平成3年(1991)、白河小峰城(しらかわこみねじょう)の三重御櫓と門が木造で復元されました。

それまでの建築基準法では木造で2階以上の建物を作れなかったため、作りたくても作れなかった木造の復元でした。

これはお城ファンや地域の人々がとても喜ぶ結果であり、その後いくつか木造で天守が復元されるという「平成の復元ブーム」がやってきました。

平成6年(1994)には掛川城(かけがわじょう)の天守、平成7年(1995)には白石城(しろいしじょう)の御三階櫓、平成16年(2004)には新発田城(しばたじょう)の三階櫓、同じく平成16年(2004)に大洲城(おおずじょう)の天守が木造で復元されました。

白河小峰城が木造復元を目指したことと、建築基準法の改正によって木造での復元が可能になったのです。

また現在では管轄官庁である文化庁からの指導で、城跡には事実とは異なる建物を作ることができなくなりました。

つまり忠実に近い姿で復元整備することを求められているのです。

▲ 初めて木造で復元された白河小峰城の三重御櫓。


▲ 掛川城天守が木造復元され、現存の二の丸御殿、太鼓櫓とともに立派な姿を取り戻した。


▲ 新発田城の御三階櫓。


▲ 大洲城天守の復元は立派だ。

復元天守については、コチラ↓↓↓の記事もあわせて読むとより理解が深まりますよ。

[blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/7281″]

天守以外の復元

天守だけでなく、城門や櫓、御殿などの復元も行われるようになりました。

また石垣や土塁、堀なども復元整備されるところが増えてきました。

これらは本来あった城として機能していた時代に近い姿を後世に残すという重要な役目があると共に、観光戦略の一環として復元されていることがあります。

さらに中世の山城や山麓の城下町、城館などが復元される例もあります。

一乗谷城朝倉氏館(福井県)では、一乗谷の城下町中世の街並みがよく再現されています。

江馬氏下館(岐阜県)では、中世の城館と庭園が復元されています。

最近では名古屋城本丸御殿(愛知県)が木造で復元されるなど、様々な形で復元整備されています。

発掘調査も盛んに行われており、今後ますます復元整備されるところが増えてくるものと期待しています。

▲ 福井県にある山上の一乗谷城と山麓の朝倉氏館は、二元構造の中世城郭として見ごたえたっぷり。(写真:たかまる。)


▲ 岐阜県飛騨市にある江馬氏下館(山麓)には城館が復元されており、高原諏訪城(山上)には曲輪や土塁などの遺構が残る。(写真:たかまる。)


▲ 名古屋城本丸御殿は当時の工法で復元された。(写真:たかまる。)

[blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/8163″]

犬山城の場合

※この記事は犬山城マイスター!たかまる。が執筆していますので、犬山城についてもピックアップしてご紹介します。

令和元年9月現在、犬山城は天守が残るのみで他の所は復元や整備などはあまり手付かずの状態です。

しかし犬山城跡は国の史跡に指定されており、もちろん天守は国宝に指定されているため、これら二つを合わせて、どのように保存整備活用していくかについての計画策定に入っています。

今後この計画の内容によって、どの程度の復元や整備を行うかの方針がはっきりと見えてきますので楽しみにしたいと思います。

全体を復元整備するためには長い年月と相当な費用がかかるものと思われますが、犬山城が本来どのような姿であったのか、どのような機能があったのかについて後世に残すためにも、ぜひ積極的に復元保存整備していっていただきたいと思います。

まとめ

白河小峰城の三重櫓の木造復元を皮切りに、お城が史実に近い姿で復元されるようになってきました。

近年の発掘調査の成果も目覚ましく、今後このような復元整備が進んでいくものと考えられます。

今までは想像でしかなかったお城の姿が、現実のものとして見えてくるというのは非常に画期的な事と考えます。

ということで史実に忠実に復元復元されるお城というお話でした。

じゃあね🖐️

 

2019年09月16日
犬山城マイスター!たかまる。

▲ 画像クリックでプロフィールへ

 

【解説した人】

日本城郭検定準一級合格者です。

犬山城マイスター!たかまる。は、お城をこよなく愛するナビゲーターです。
犬山城に関する活動を独自に、そして精力的に展開しています。
(資格など)
日本城郭検定準1級(1級を取得予定)
公益財団法人 日本城郭協会 会員
公益財団法人 犬山城白帝文庫 会員
★ 訪れた城跡や史跡は全国で302箇所を超える。
★ 犬山城天守・犬山城跡の散策は通算507回以上!
★ ほぼ毎日、犬山城の写真を撮り続けて1092日以上!
[blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/home/top-5″]

 

一緒に読むとより楽しい“関連記事”

今回の内容に関連して、一緒に読むとさらに楽しくなる記事をご紹介!

[blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/8179″] [blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/8177″] [blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/8175″] [blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/8173″] [blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/8171″] [blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/8169″] [blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/7280″] [blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/7281″] [blogcard url=”https://www.takamaruoffice.com/8163″]

 

おススメの本

今回の内容に関連して、おススメの本をご紹介!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です