丸岡城天守の壁が剥がれ落ちた件。

福井県坂井市にある丸岡城天守の外壁が剥がれ落ちてしまいました。

2019年の台風19号の影響だそうです。

解説します。

丸岡城天守の壁が剥がれ落ちた件。

  • 丸岡城天守の外壁が剥がれ落ちた
  • 2019年の台風19号の影響
  • 東北隅から東面と北面にかけて

福井県坂井市にある、国の重要文化財の丸岡城天守の外壁が剥がれ落ちていました

2019年(令和元年)10月12日頃に通過した台風19号の影響だそうです。

壁が剥がれ落ちた場所は下の写真の部分です。

▲ 一階の東北隅から東面と北面にかけて剥がれ落ちた。(写真提供:reirei.ssさん)

天守の写真を撮るには絶好の角度なのですが、そこの壁が剥がれ落ちてしまいました。

2019年11月20日現在、足場が組まれて外壁の修理中です。

▲ アップの写真(写真提供:MAHALOさん)

工事はいつまで、どのように?

▲ 工事中でも天守への入場は可能です。(写真提供:たすまにさん)

  • 工事は2019年12月中旬までの予定
  • 工事中でも天守内部に入れる
  • 工事担当は、岐阜の田中社寺(株)

外壁の修復工事はいつまで続くのでしょうか?

丸岡城天守にお見えの担当の方に確認したところ、2019年12月中旬までの予定とのこと。

崩落したのは、天守1階の東北隅から東面と北面にかけてです。

現在は写真のように足場が組まれています。

▲ ちょうどいい角度のところが剥がれ落ちたため、足場が前面にでてしまう。(写真:たかまる。)

残念ながら天守のこちら側から写真を撮ろうと思っても、足場が前面に出てしまうため上手に撮れませんでした。

12月中旬までということですので、もうしばらくの辛抱です。

ちなみに壁の修理工事は、岐阜県にある田中社寺株式会社が担当しているそうです。

この田中社寺株式会社は犬山城で2018年度~2019年度に行われている犬山城天守の大修理も担当している会社です。

まとめ

  • 丸岡城天守の外壁が剥がれ落ちた。2019年の台風19号の影響
  • 修理工事は2019年12月中旬までの予定
  • 工事中も天守内部へは入れる

丸岡城天守の外壁が2019年(令和元年)の台風19号の影響によって、剥がれてしまいました。

11月20日現在、修理工事中です。

2019年12月中旬頃、工事が完了する予定とのことです。

ということで、丸岡城天守の外壁が剥がれた件について解説しました。

じゃあね👍

2019年11月21日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA