犬山城に行ったら、「お城もなか」を食べよう!【松栄本店】

犬山城に行ったら、お城のお菓子を食べちゃえ!

ということで、お城もなかをご紹介します。

犬山城下町にある老舗和菓子屋さん「松栄本店」です。

犬山城に行ったら、「お城もなか」を食べよう!【松栄本店】

写真:たかまる。

  • 犬山城に行ったら「お城もなか」を食べよう!
  • 犬山城下町の老舗和菓子屋さん「松栄本店」
  • 1個150円(税込み)で自家製の粒あんがたっぷり

犬山城に行ったなら、せっかくなのでお城の形をしたお菓子を食べよう!

ということで、「お城もなか」をご紹介したいと思います。

犬山城からほど近い、犬山城下町のメインストリート・本町通りにある老舗和菓子屋さん「松栄本店」で購入できます。

松栄本店さんは慶応2年(1866)創業、150年以上の歴史のあるお店です。

お城もなかは1個150円(税込み)で自家製の粒あんがたっぷり入っていて、食べ歩きにもお土産にもピッタリです。

このあとで、もう少し深掘りしていきましょう。

「お城もなか」は粒あんがたっぷり

写真:たかまる。

  • 1個150円
  • もなかの形がお城!
  • 粒あんがぎっしり
  • もなかは香ばしい
  • 食べ歩きにピッタリ
  • お土産におススメ

写真:たかまる。

「お城もなか」は1個150円(税込み)。

1個から購入できます。

これはうれしいですね。

写真:たかまる。

もなかの形がお城!(というか、天守)

面白いですね~。

だけど、犬山城の天守の形とのものではないので、あしからず。

原材料:砂糖、小豆、水飴、餅米

もなかの皮は香ばしくておいしいです。

中には粒あんがぎっしりつまっています。

甘すぎず、程よい甘さで、やさしい感じのあんです。

この粒あんは自家製なんだとか。

写真:たかまる。

2個いけます(笑)

「お城もなか」と犬山城天守を一緒に写真撮ってもおもしろいかも。

老舗和菓子屋さん「松栄本店」は創業慶応2年

写真:たかまる。

  • 創業慶応2年(1866)…江戸時代
  • 150年の歴史のある老舗和菓子屋さん
  • 犬山城下町のメインストリート・本町通りにある
  • お店の中でも食べていける
  • 持って帰ってもいい

「松栄本店」は創業慶応2年(1866)

慶応2年ですよ!

江戸時代です。

14代将軍・家茂が若干二十歳で亡くなった年。

函館の五稜郭ができた年。

150年以上の歴史がある老舗和菓子屋さんです。

写真:たかまる。

そして、犬山城下町のメインストリート・本町通りにあります

犬山城の大手門跡と本町交差点のちょうど中間ぐらいかなぁ。

お店の外観はこんな感じです。

写真:たかまる。

老舗和菓子屋さんだけあって、落ち着きがある佇まいです。

通り過ぎてしまいそうなぐらい落ち着いていますが、そこは老舗和菓子屋の風格ということで。

そして、お店の中には広いスペースがあり、座って食べていくこともできます

写真:たかまる。

「お城もなか」以外にも「城で餅」というふんわり柔らかいお餅とか、わらびもち、冬にはぜんざいなどもあって、色々楽しめちゃうのでおススメです。

犬山城に行ったら、ぜひ「お城もなか」も食べてみてください!

「松栄本店」インフォメーション

写真:たかまる。

お店の名前御菓子司 松栄本店
住所愛知県犬山市大字犬山字西古券33
電話番号0568-61-0025
営業時間9:30~16:30
定休日水曜日

まとめ

犬山城に行ったら、「お城もなか」を食べよう!ということで、創業慶応2年の老舗和菓子屋さん「松栄本店」さんのお城もなかをご紹介しました。

犬山城に行った記念に、「お城もなか」もゲットしてほっこりしてくださいね

ということで、犬山城に行ったら、「お城もなか」を食べよう!【松栄本店】のご紹介でした。

じゃあね🖐️

2020年01月08日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA