二条城(にじょうじょう)#053『天皇の行幸をあおいだ城』

日本100名城・53番・二条城(にじょうじょう)をご紹介します。

お城めぐりの参考に。

日本城郭検定を受験するときの参考に。

二条城(にじょうじょう)#053『天皇の行幸をあおいだ城』

(写真:たかまる。)

天皇の行幸を仰いだ城である二条城(にじょうじょう)をご紹介します。

二条城は、京都府京都市中央区にある城跡です。

見どころ

二条城の見どころはたくさんあります。

門や櫓などの現存建物は姫路城に次ぐ数の多さです。

最大の見所は何と言っても二の丸御殿です。

御殿内部の絢爛豪華な障壁画(しょうへきが)などが見所です。

二の丸御殿は数少ない現存する御殿のひとつです。

また天守台の石垣などもあり、見所がたっぷりです。

さらに東南隅櫓と西南隅櫓は現存する二重櫓です。

現存する二の丸御殿(にのまるごてん)

現存する本丸御殿

御殿は何で構成されているか?

主な遺構

二の丸御殿

二の丸東大手門

二の丸東南隅櫓

二の丸西南隅櫓

本丸天守台石垣

二の丸庭園など

縄張(なわばり)

築城当時の天守は現在の二の丸あたりにありました。

3代将軍家光の時に後水尾天皇(ごみずのおてんのう)の行幸を迎えるため、本丸御殿(ほんまるごてん)総塗籠(そうぬりごめ)の白亜の天守がつくられました。

その後、天守は寛延3年(1750)に焼失してしまいました。

本丸御殿も火災による火災で失われてしまったため、明治27年(1894)に京都御苑(きょうとぎょえん)内の旧桂宮邸(かつらのみやてい)が本丸に移築されました。

二の丸御殿は本瓦葺き(ほんかわらぶき)の屋根が幾重にも重なっており、庭園との調和がとても美しいです。

東大手門の南側に二の丸東南隅櫓(とうなんすみやぐら)が配置されています。

5間×6間の巨大な二重櫓です。

一重目には千鳥破風(ちどりはふ)が使われています。

西南隅櫓(せいなんすみやぐら)は東南隅櫓よりも一回り小さいですが、現存する二重櫓です。

こちらは一重目に唐破風(からはふ)が使われています。

二の丸御殿は遠侍(とおざむらい)、式台(しきだい)、大広間(おおひろま)、黒書院(くろしょいん)、白書院(しろしょいん)などからなる武家風書院建築です。

今見ることができるのは、寛永3年(1626)の天皇行幸に合わせて改修して現存している姿です。

縄張(なわばり)とは?

縄張(なわばり)の三つの基本形式

歴史

二条城は徳川家康が慶長6年(1601)に築城を開始しました。

慶長8年(1603)に征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)の拝賀の儀式を行いました。

京都における儀礼施設として使われました。

天守は寛永3年(1750)に落雷で焼失してしまいました。

本丸御殿も火災による火災で失われてしまったため、明治27年(1894)に京都御苑(きょうとぎょえん)内の旧桂宮邸(かつらのみやてい)が本丸に移築されました。

その後、現在まで現存しています。

二条城の基本情報

東南隅櫓(写真:たかまる。)

別名なし
所在地〒604-8301
京都市中京区二条通堀川西入る二条城町54-1
城の種類平城
築城年代慶長6年(1601)、寛永3年(1626)
築城者徳川家康、徳川家光
主な城主徳川氏
文化財史跡の区分国指定史跡
国指定名勝
国宝6棟(二の丸御殿遠侍、車寄、式台、大広間、蘇鉄の間、黒書院、白書院)
重要文化財22棟(建造物)
重要文化財954面(美術工芸)
主な復元や整備平成9年~10年度に二の丸御殿遠侍、車寄の檜皮屋根葺き替え
アクセスJR 東海道本線、東海道新幹線京都駅から市バスで約20分二条城前下車、徒歩すぐ
地下鉄東西線二条城前駅から徒歩すぐ
日本100名城スタンプ設置場所元離宮二条城事務所
関連施設二条城障壁画 展示収蔵館
リンク世界遺産元離宮二条城

地図・マップ

まとめ

日本100名城・53番・二条城(にじょうじょう)をご紹介しました。

お城めぐりの参考にしてください。

また、日本城郭検定を受験するときの参考にしてください。

じゃあね🖐️

2020年04月02日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA