土浦城(つちうらじょう)#113『室町時代から続き、江戸時代に甲州流築城術で大改修した城』

続日本100名城・113番・土浦城(つちうらじょう)をご紹介します。

土浦城(つちうらじょう)は、室町時代から続き、江戸時代に甲州流築城術で大改修した城です。

茨城県土浦市にあります。

お城めぐりの参考に。

日本城郭検定を受験するときの参考に。

土浦城(つちうらじょう)#113『室町時代から続き、江戸時代に甲州流築城術で大改修した城』

続日本100名城・113番・土浦城(つちうらじょう)をご紹介します。

土浦城(つちうらじょう)は、室町時代から続き、江戸時代に甲州流築城術で大改修した城です。

茨城県土浦市にあります。

見どころ

本丸にある櫓門(やぐらもん)は関東地方で唯一現存する櫓門です。

この門は明暦2年(1656)に改築されたものです。

本丸は小規模ですが、周囲には水堀(みずぼり)が巡らされています。

亀城の面影が残っています。

主な遺構

本丸

二の丸

土塁

櫓門

霞門

前川口門など

縄張(なわばり)

本丸は周囲に水堀が三重、四重にも巡らされています。

このため、水に浮かぶ「亀城(きじょう)」と呼ばれます。

本丸の中心には御殿(ごてん)が建てられていました。

また、本丸の東西には2基の櫓(やぐら)が建てられていました。

東櫓と西櫓です。

この東櫓と西櫓は昭和24年(1949)の台風で倒壊してしまいました。

しかし昭和63年から平成10年頃にかけて、古い建築法を用いて復元されました。

縄張りは本丸の周りを二の丸が取り囲む輪郭式(りんかくしき)になっています。

本丸・二の丸の中枢部の東から南を、三の丸と西曲輪が囲んでいました。

さらに二の丸の土塀(どべい)は屏風折れ(びょうぶおれ)になっており、横掛かり(よこやがかり)を意識したものとなっています。

本丸正面の大手門は太鼓門(たいこもん)と呼ばれます。

これは櫓門(やぐらもん)で関東地方の城では唯一現存する櫓門です。

縄張(なわばり)とは?

縄張(なわばり)の三つの基本形式

歴史

土浦城は室町時代中期頃、小田氏の家臣である菅谷氏(すげのやし)が築いたと言われます。

その後、小田氏の支城として小田氏治(おだうじはる)が入城しました。

天正(てんしょう)18年(1590)の小田原平定(おだわらへいてい)後は徳川家康の次男・結城秀康(ゆうきひでやす)の所領となりました。

慶長(けいちょう)5年(1600)の関ヶ原の戦いの後には、主に譜代の藩庁となりました。

松平信興(まつだいらのぶおき)の時代の貞享(じょうきょう)2年(1685)には、甲州流軍学(こうしゅうりゅうぐんがく)による築城術で大改修されました。

現在見られる縄張りは、この時の改修によって作られたものです。

土浦城の基本情報

別名亀城(きじょう)
所在地〒300-0043
茨城県土浦市中央1
城の種類平城
築城年代室町時代中期
築城者菅谷氏(すげのやし)
主な城主菅谷氏、松平氏、西尾氏、朽木氏、土屋氏
文化財史跡の区分県指定文化財2件
主な復元や整備昭和63年西櫓復元設計
平成元年から3年西櫓復元工事
平成5年東櫓復元計画
平成6年から7年西櫓土塁修復
平成8年から10年東土塁復元工事、東櫓復元工事
平成14年から15年塀復元設計
平成16年平復元整備工事
アクセスJR常磐線「土浦」駅西口から徒歩約15分 または、
JR 常磐線「土浦」駅より関東鉄道バスで約3分「亀城公園前」下車すぐ
日本100名城スタンプ設置場所土浦城東櫓
関連施設土浦市立博物館
リンク 

地図・マップ

まとめ

続日本100名城・113番・土浦城(つちうらじょう)をご紹介しました。

土浦城(つちうらじょう)は、室町時代から続き、江戸時代に甲州流築城術で大改修した城です。

茨城県土浦市にあります。

お城めぐりの参考にしてください。

また、日本城郭検定を受験するときの参考にしてください。

じゃあね🖐️

2020年05月12日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA