沼田城(ぬまたじょう)#116『北条・上杉・武田が争奪戦を繰り返した城』

続日本100名城・116番・沼田城(ぬまたじょう)をご紹介します。

沼田城(ぬまたじょう)は、北条・上杉・武田が争奪戦を繰り返した城です。

群馬県沼田市にある城跡です。

お城めぐりの参考に。

日本城郭検定を受験するときの参考に。

沼田城(ぬまたじょう)#116『北条・上杉・武田が争奪戦を繰り返した城』

続日本100名城・116番・沼田城(ぬまたじょう)をご紹介します。

沼田城(ぬまたじょう)は、北条・上杉・武田が争奪戦を繰り返した城です。

群馬県沼田市にある城跡です。

見どころ

西櫓台周辺の石垣が見どころです。

本丸には土塁の痕跡もわずかに残っています。

主な遺構

石垣

土塁

など

縄張(なわばり)

沼田城の中心部分は西側の古城と呼ばれている部分です。

真田氏が支配していたときに本丸などが整備されました。

また二の丸の虎口(こぐち)には馬出(うまだし)を備えていました。

さらには本丸には五重天守と三重櫓(さんじゅうやぐら)を持つ城であったと言われています。

真田氏が改易されたときに建物などはすべて破却されました。

元禄(げんろく)16年(1703)に沼田藩が再興されたとき、本多氏などが藩主として入城しましたが、三の丸に居館を構えただけで建物は再建されませんでした。

現在では西櫓台の石垣(いしがき)が残されており、当時の姿を思い描くことができます。

縄張(なわばり)とは?

縄張(なわばり)の三つの基本形式

歴史

沼田城は沼田顕泰(ぬまたあきやす)が天文(てんぶん)元年(1532)に築いたと言われています。

室町時代には沼田氏が利根沼田一帯を支配していました。

しかし沼田は関東支配の重要拠点として考えられており、北条・上杉・武田、のちには徳川も加わって争奪戦が繰り広げられました。

最終的には武田の家臣である真田の居城となりました。

そのとき沼田城攻略の拠点となったのが名胡桃城(なぐるみじょう)です。

江戸時代も沼田城は真田氏の居城とされていましたが、松代に移封された後も飛び地で支配していました。

その後、真田の分家が沼田藩として独立しました。

しかし元和(げんな)元年(1681)に改易されてしまいました。

その後、沼田藩は元禄(げんろく)16年(1703)に再興されました。

沼田城の基本情報

別名蔵内城(くらうちじょう)
倉内城(くらうちじょう)
霞場(かすみじょう)
所在地〒378-0042
群馬県沼田市西倉内町594
城の種類平山城
築城年代元文元年(1532)
天正元年(1573)
築城者沼田氏
主な城主沼田氏、真田氏、本多氏、黒田氏、土岐氏
文化財史跡の区分市指定史跡
主な復元や整備
アクセスJR上越線「沼田」駅から徒歩約20分、または
JR上越線「沼田」駅から関越交通バスで約6分「下之町」バス停下車徒歩約15分。または「沼田局前」下車徒歩約10分
日本100名城スタンプ設置場所沼田市観光案内所
関連施設 
リンク沼田城|沼田市ウェブサイト

地図・マップ

まとめ

続日本100名城・116番・沼田城(ぬまたじょう)をご紹介しました。

沼田城(ぬまたじょう)は、北条・上杉・武田が争奪戦を繰り返した城です。

群馬県沼田市にある城跡です。

また、日本城郭検定を受験するときの参考にしてください。

じゃあね🖐️

2020年06月01日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA