犬山城をワイガヤする会 「チームわいまる。」登録者募集中

犬山城・松の丸裏門(まつのまるうらもん)-有事のための門で、いまは移築されている

犬山城二の丸のひとつ・松の丸(まつのまる)には裏門があります。

四つに別れている二の丸で唯一、松の丸にだけ裏門があるのです。

犬山城・松の丸裏門(まつのまるうらもん)-有事のための門で、いまは移築されている

松の丸表門と裏門の配置図

▲ 松の丸表門と裏門の配置図。裏門は榊門、内田門へと続く

犬山城の二の丸は四つに分かれて独立していますが、その中のひとつ・松の丸(まつのまる)には裏門(うらもん)がありました。

今は、門はありませんし、針綱神社の事務所があるため、跡地も見ることができません。

残念です。

松の丸裏門。城とまちミュージアムのジオラマ。

▲松の丸裏門。城とまちミュージアムのジオラマ。

松の丸裏門は現存している!

松の丸裏門-常満寺山門

▲ 常満寺山門-松の丸裏門を移築したもの。形式は薬医門

しかし、松の丸の裏門は、犬山城にもっとも近いところに移築されています。

なので、ぜひそちらを見に行って見てください。

どこにあるのかというと、犬山北小学校に程近い常満寺です。

常満寺の山門として移築されています。

城前広場から歩いて数分ですので、犬山城に行ったときにはぜひ一緒に訪れたいポイントですね。

松の丸には御殿(松の丸御殿)があり、政庁として使われたり、尾張藩の殿様が犬山に来られたときに居られたり、かなり大事な場所でした。

だから、何かあったときにすぐに脱出できるように裏門があったんですねー。

詳しい解説はコチラ↓↓↓

まとめ

松の丸の裏門は常満寺で見るべし!

それと、犬山城の門については、コチラの記事でまとめています。

ご参考にどうぞ。

ということで、松の丸の裏門のお話でした。

じゃあね🖐️

2019年03月08日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA