犬山城の道具櫓というのは、大手道に向かって作られている?



犬山城には道具櫓というのがあります。

それは大手道が三度折れ曲がるところの角に建てられているため、櫓のどちらの面も大手道に向けられている櫓なのです。


【スポンサーリンク】


※ 犬山城ちょこっとメモでは、犬山城についての情報をちょこっとずつお届けしています。


【スポンサーリンク】

このページの目次  

概要

犬山城の大手道真ん中辺りに、大手道に接して、かつ、大手道に向かって建てられている櫓があります。

道具櫓という名前で呼ばれているこの櫓は、桐の丸の西南隅に建てられています。

▲ 大手道の門の先の櫓が道具櫓だ。

 

大手道の矢来門をくぐると、真正面に道具櫓が現れます。

攻めてきた敵は道具櫓から狙われてしまいます。

絶好の位置にある櫓です。

しかも、その先の黒門を突破されたとしても、道具櫓から見ると今度は敵の背面に位置しているため、これまた敵を撃破できると言うわけです。

▲ 石垣の上の建物は今は針綱神社の社務所ですが、道具櫓があったところだ。

 

大手道を攻め上がってきた敵は、是が非でも道具櫓を落とさなければならないほど、大変重要な場所に建てられているのです。

 

ということで、

 

大手道の屈曲と櫓をうまく配置して防御力を高めているのですね。

 

ということで、

道具櫓が大手道防御の要になっている、犬山城でした。

 

じゃあね🖐️

 

2019年03月21日
犬山城マイスター!たかまる。

 

– 写真はすべて、たかまる。が撮影したもの、または使用を許可されたものです。
– 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
– 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。

 

みんなとシェアしてね!
error


【犬山で泊まるなら】



【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

たかまる。のブログを購読して、更新情報を届けてもらおう!

 
 


この記事をみんなでシェアする!