織田信雄の重臣・中川定成。境目の城を見誤り、池田恒興に奪われてしまう不運な城主-犬山城ちょこっとメモ #0075



本能寺の変後、信長の次男信雄が尾張を治めることになったため、その家臣が犬山城に入城しました。

それが五代目城主・中川定成という男です。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】

織田信雄の重臣・中川定成。境目の城を見誤り、池田恒興に奪われてしまう不運な城主-犬山城ちょこっとメモ #0075

※ 犬山城ちょこっとメモでは、犬山城についての情報をちょこっとずつお届けしています。


本能寺の変があるまでは織田信長の息子・織田信房(のぶふさ)が2年ほど犬山城主でしたが、本能寺の変で織田家当主信忠(のぶただ)も犬山城主信房も討死したため、尾張は信長の次男信雄(のぶかつ)が治めることとなりました。

信雄はダメ息子のように言われてあまり良い印象がありませんが、尾張の検知をやり直したり、松ヶ島城や清洲城を中心とする支城ネットワークを構築するなど精力的に政を行っていました。

そのため、美濃との境目の城である犬山城には信頼のおける家臣を入れていたと思われます。

 

それが五代目城主・中川定成です。

中川定成についてはあまり詳しくは資料など出てきません。

出てくるのは小牧・長久手の戦いのときです。

信雄と秀吉が対立するようになり、伊勢で戦が起こります。

このとき、信雄の重臣となっていた中川定成も伊勢に出陣していました。

そして、その隙を狙って秀吉方の池田恒興に犬山城を取られてしまいます。

これが犬山城の二度目の落城です。

▲ 中川定成が伊勢に出陣なのを狙い、しかも夜陰に乗じて池田恒興に攻め落とされた。

織田信長の家臣で乳兄弟でもある池田恒興が織田家を裏切るとは予想もしてなかったでしょうし、美濃から攻める、つまり後堅固と言われる方から攻めてくるなど、中川定成は予想もしてなかったかもしれません。

そして守りが少ない犬山城はあっさりと落城してしまうのです。

中川定成にしてみたら不覚でしたね。

汚点を残してしまった不運な城主とも言えます。

●城主データ

中川定成

五代目城主

在位 約3年:天正10年(1582年)~天正13年(1585年)

※天正12年は小牧・長久手の戦いで奪取されたため、半年ほどは間が抜けている。

今日 2019年4月15日の犬山城は?

▲ 花桜と葉桜と犬山城のコラボ

2019年 4月15日

今日は晴れました。

昨日は午後から雨☔

特に昨夜は激しく降りましたが☔🌀☔

気温も上がってきそうですが、風もありそうです。

ご注意を👍

ということで、

小牧・長久手の戦いが終わって和睦すると、犬山城に中川定成は戻ってきたようです。

良かったな、定成!

ということで、

二度目の落城は戦いが行われるもあっさりだった、犬山城でした。

じゃあね🖐️

2019年04月15日
犬山城マイスター!たかまる。

– 写真はすべて、たかまる。が撮影したもの、または使用を許可されたものです。
– 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
– 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。

みんなとシェアしてね!


【犬山で泊まるなら】



【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

たかまる。のブログを購読して、更新情報を届けてもらおう!

 
 


この記事をみんなでシェアする!