二十二代目犬山城主・正寿。江戸で成瀬家の家格回復に尽力した。-犬山城ちょこっとメモ #0091



江戸時代も後期に入り、犬山と成瀬家の関係も変わってきたようです。

そんな中、江戸に居ながらにして成瀬家の家格回復に尽力したのは二十二代犬山城主・正寿でした。

ヨハンネス・ウィルヘルミユスという蘭名も持つ男。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】

成瀬正寿(なるせまさなが)の生い立ち

※ 犬山城ちょこっとメモでは、犬山城についての情報をちょこっとずつお届けしています。


成瀬正寿(まさなが)は、天明2年(1782)正典の四男として江戸に生まれました。

父親が42歳のときに2歳になることを避ける俗説から、いったん森川千之助と名乗っていました。

寛政6年(1794)成瀬に復姓して正寿と名乗りました。

寛政11年(1799)御用向き見習いとなり、従五位下主殿頭に叙任されました。

文化6年(1809)正典の隠居により家督を相続し、隼人正に任ぜられました。

生涯のほとんどを江戸で過ごし、尾張藩の奥向きの御用と幕府との関係調整に尽力したとされます。

江戸で成瀬家の家格回復に尽力

▲ 正寿にとって犬山はどのようなところだったのだろう

文政7年(1824)八朔五節句(はっさくごせっく)の江戸城登城の許可が下りました。

また、天保4年(1833)には譜代大名並みの月次登城を実現させ、家格回復にも取り組みました。

天保8年(1837)、尾張藩主徳川斉温(なりはる)の養育に格別心を用いたとして、十一代将軍徳川家斉(いえなり)からお褒めの言葉と馬具を拝領しました。

文政年間(1818~1830)にオランダ商館長ブロンホフからヨハンネス・ウィルヘルミユスという蘭名を受けました。

天保9年(1838)江戸で死去しました。

第二十二代・犬山城主のデータ

●城主データ●

成瀬正寿(なるせまさなが)

二十二代目城主(成瀬家七代城主)

在位 約29年:文化6年(1809)~天保9年(1838)

ということで、江戸で成瀬家の価格回復に尽力した二十二代犬山城主・正寿をご紹介しました。

じゃあね🖐️

2019年05月07日
犬山城マイスター!たかまる。

– 写真はすべて、たかまる。が撮影したもの、または使用を許可されたものです。
– 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
– 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。

みんなとシェアしてね!
error


【犬山で泊まるなら】



【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

たかまる。のブログを購読して、更新情報を届けてもらおう!

 
 


この記事をみんなでシェアする!