石落しは袴腰型。犬山城天守



天守は最終防衛拠点なので、様々な防御設備が施されています。

接近してきた敵に対して攻撃を仕掛けるためのものが、石落としです。

犬山城天守にも袴腰型の石落としが二ヶ所あります。

それぞれ見てみましょう。



【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】

石落としはどこにあるのか?

犬山城の場合、石落としは天守のどこについてるのでしょうか?

それは、天守の西北隅と東北隅です。

南側にはありません。

▲ 東北隅の石落し

▲ 西北隅の石落し

なぜ、北側だけにあるのか?

では、なぜ北側にだけ石落としがあるのでしょうか?

理由を考えてみましょう。

北側には木曽川が流れている後堅固なお城で、本丸はその北端に位置しています。

が、逆にいうと北側はちょっとした死角になりそう。

それに、木曽川を挟んで向こう側は美濃国(犬山城は尾張国)なので、犬山城は境目の城です。

なので、防御力を高めておかなければいけなかった。

そういう危機感の表れでもあったのかもしれません。

石落としの役割

石落としは、その名前から石を落として敵を撃退すると思われがちですが、実際には隙間が20cmほどしかないため、大きな石は落とせません。

実は、鉄砲を下に向けて撃つための一種の狭間(さま)なのです。

鉄砲の銃身が入り、敵から侵入されない程度の幅に造られています。

袴腰型というタイプ

犬山城天守の石落としの形は、下にいくにつれて広がった形をしています。

これを袴腰型(はかまごしがた)と言います。

袴のような形から、そう呼ばれるようになったとか。

東北隅と西北隅の両方とも袴腰型です。

▲ 犬山城天守の石落しは、二つとも袴腰型なのだ

石落しの種類

では、石落しの種類もご紹介しましょう。

戸袋型(とぶくろがた)

雨戸を納める戸袋状に突き出した形の石落とし。

丸亀城天守が現存例です。

▲ 雨戸の戸袋のような形をした石落し

出窓型(でまどがた)

出窓の床下を石落としにしたもの。

弘前城や金沢城に見られます。

▲ 金沢城の復元された石落しは出窓型

袴腰型(はかまごしがた)

外壁を斜めに作って床を張り出す形。

犬山城天守に代表される形で、松本城天守などにもついています。

▲ 松本城天守には袴腰型の石落しがたくさん設置されている

ほかの天守とも見比べてみると面白いですね✨

まとめ

 

犬山城天守には袴腰型の石落としが二ヶ所ついているよ、というお話でした。

 

じゃあね🖐️

 

2019年06月12日
犬山城マイスター!たかまる。

 

– 写真はすべて、たかまる。が撮影したもの、または使用を許可されたものです。
– 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
– 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。

みんなとシェアしてね!
error


【犬山で泊まるなら】



【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

たかまる。のブログを購読して、更新情報を届けてもらおう!

 
 


この記事をみんなでシェアする!