犬山城をワイガヤする会 「チームわいまる。」登録者募集中

横矢(よこや)

お城の城内から外の敵に対して二方向以上から攻撃することを「横矢」(よこや)といいます。

横矢は城の防御の基本中の基本です。

これを知らなければお城は語れない?

今回は横矢について詳しく学んでいきましょう。

横矢(よこや)は、二方向以上から攻撃すること

横矢(よこや)とは、城内から外の敵に対して二方向以上から攻撃することを言います。

横矢は横矢掛かり(よこやがかり)とも言われ、二方向以上から攻撃することを「横矢をかける」とも言います。

横矢を掛けるには防衛線を凹凸にする必要があり、城の場合は石垣や土塁、堀などの塁線(るいせん)を曲げます。

横矢の代表的な形

近世の城の横矢の代表的な形は、城壁の隅を外側に突出させる出隅(ですみ)と、内側に折り曲げる入隅(いりすみ)です。

これを曲輪や地形にあわせて組み合わせて作っていきます。

敵に対して死角を出きるだけ少なくしていくことがポイントです。

▲ 伊賀上野城の横矢。高石垣との組み合わせは最強

▲ 大阪城。横矢を掛ける位置には櫓を設ける

▲ 大阪城。ここを攻めようとは思わないだろう。なぜなら、横矢を掛けられるからだ。

様々な横矢

様々な横矢を順にご紹介します。

入隅(いりすみ)

城郭の隅部を内側に折り曲げるもの。

出隅(ですみ)

城郭の隅部を外側に突出させるもの。

横矢枡形(よこやますがた)

城壁に枡形(四角形の突出部)を設けるもの。

合横矢(あいよこや)

 城壁に二ヶ所以上の突出部を並べて、その間に挟まれた凹の部分に両側から攻撃をしかけるもの。

左袖(ひだりそで)

合横矢で、城内から見て左側だけを残して右側をなくしたもの。

屏風折(びょうぶおれ)

城壁に三角形の突出状の折れがあるもので、形が屏風に似ている。

横矢隅落(よこやすみおとし)

城壁の出隅部を斜めに築いたもの。

斜めに対しても効果あり。

邪(斜、ひずみ)

城壁をゆるい凹面状にしたもの。

雁行(がんこう)

入隅と出隅を交互に繰り返したもの。

まとめ

城内から敵に対して二方向以上から攻撃することを横矢(よこや)といいます。

入隅と出隅が基本ですが、その組み合わせなどで様々な横矢のかけ方があります。

様々な城郭で、この横矢を探してみてはどうでしょうか。

ということで、横矢についてのお話でした。

じゃあね🖐️

2019年08月30日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA