犬山城天守のしゃちほこがもうすぐ復元されます。2018年2月。

犬山城天守の鯱(しゃちほこ)が、2017年7月12日の落雷によって破損。

2018年2月、いよいよ復元されてきますね。

鯱を載せるために、天守に足場ができました。

詳細をお届けします。

犬山城天守のしゃちほこがもうすぐ復元されます。2018年2月。

犬山城天守の鯱が、落雷によって破損したことはかなり有名です。

知らない人はいないぐらい。

ん?知らない?

そんな方は、過去記事読んでください(笑)

コチラ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

犬山城天守の鯱(しゃちほこ)が、2017年7月12日の落雷によって破損。

2018年2月14日、いよいよ復元されてきますね。

鯱を載せるために、天守に足場ができました。

詳細をお届けします。

破損したのは北側の鯱のはず。

いきなりですが、クイズです!

雷が落ちて破損した鯱は、

1.北側の鯱(一つ)

2.南側の鯱(一つ)

3.北側と南側の鯱両方(二つ)

さぁ、どれ?

答えは、1の「北側の鯱(一つ)」でした。

ということは、載せる鯱は北側だから足場は北側にできてるんだよね?

2018年2月14日。しゃちほこ設置のための足場が組まれた。

2018年2月14日。しゃちほこ設置のための足場が組まれた。

たしかに、北側ってのはこの写真でいうと右側だから、そっちに足場があって、ふむふむ。

ずーっと上に延びて、鯱のところまできてますね。

はい。

間違いありません。

ん?

ちょっと待って?

何だか左のほう、つまりは南のほうにも足場が延びてない?

ん?

どういうこと?

南の鯱も実は・・・

実は、南の鯱も一部が破損していたんです。

落雷の時かどうかは不明。

たぶん、もっと前から。

ヒレがね、取れちゃってたの!

うっそーーん。

ということで、今回の工事の時にあわせて南側の鯱のヒレも取り付けられます。

だから、北側だけじゃなくて南側にも足場が組まれているんですね。

なっとく!!!

鯱(しゃちほこ)が乗るのは2018年2月26日(予定)

鯱が窯から出されました。

2018年(平成30年)2月12日のことです。

そして、予備の1体も焼きに入っているそうで、2月26日に奈良県から遠路はるばる愛知県犬山市まで運ばれてきます。

それを、その日のうちに載せてしまうんだとか。

すごいですねぇ。

その日のうちに載せれてしまうんですからね。

楽しみです。

しゃちほこ設置のための足場が組まれた。西側からの画。

しゃちほこ設置のための足場が組まれた。西側からの画。

 

【2020年7月12日追記】

落雷から復活までのまとめ記事をつくりました。

created by Rinker
ウッディジョー(Woody JOE)
¥22,000 (2020/09/27 01:51:05時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

2018年2月14日。

しゃちほこ設置のための足場が組まれました。

ちなみに、足場を外して工事が完了するのが3月中旬の予定だそうです。

鯱のお披露目は2月26日なのか?

3月に入ってからなのか?

今からドキドキしています。

ということで、犬山城天守のしゃちほこ復元がもうすぐです。

じゃあね👍

2018年02月14日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA