犬山城の門や櫓は明治になって払い下げられました。

犬山城の門や櫓は、明治の時代には不要のものとなり払い下げられました。

明治時代に城が不要となったのは、犬山城だけではなく全国の城がそうなったのです。

犬山城の門や櫓がどこにいくらで払い下げられたのかの記録が一部残っているので、それをまとめてみました。

犬山城の門や櫓は明治になって払い下げられました。

移築された黒門(写真:たかまる。)

  • 明治になって、城は不要となった
  • 門や櫓が払い下げられた
  • 犬山城の門や櫓が払い下げられた記録が一部残っている

犬山城の門や櫓は、明治の時代には不要のものとなり払い下げられました。

明治時代に城が不要となったのは、犬山城だけではなく全国の城がそうなったのです。

犬山城の門や櫓がどこにいくらで払い下げられたのかの記録が一部残っているので、それをまとめてみました。

門や櫓の払い下げの資料

移築された矢来門(写真:たかまる。)

  • 犬山城総合調査報告書を参考にまとめた
  • いくらで誰が買い取ったのかがわかるものが残されていた

犬山城の門や櫓の払い下げについて、いくつかの記録が残されています。

犬山城総合調査報告書(2017年3月、犬山市教育委員会発行)より、以下に抜粋します。

村木家文書「犬山城地事件書類」所収「城郭内建物払代金記」

購入した人金額購入物大きさなど
高橋 十郎12円50銭千貫櫓二間半、三間
16円50銭水ノ手櫓二間、三間三尺
9円35銭桐の丸南高塀十四間半
51円50銭修繕小屋道具入 土蔵 
堀尾 宗六25円弓矢櫓三間、四間
15円10銭弓矢櫓一丈、五間
20円55銭杉の丸櫓三間半、三間
13円10銭黒門 
17円10銭木挽小屋二間半、五間
40円10銭米蔵庇付二間半、十一間
13円50銭四斗蔵二間、三間
28円五斗蔵二間、八間
雨宮 龍雄25円12銭5厘杉の丸西櫓三間、三間
28円稗(ひえ)蔵 
丹羽 杢兵衛9円8銭番所九尺、三間
5円58銭水ノ手高塀十四間
7円58銭杉の丸南北高塀十四間
6円8銭桐の丸練塀十四間
23円8銭木工小屋二間半、八間
78円50銭七間町西蔵庇付三間、十二間半
58円88銭七間町東蔵 
2円50銭修繕局の内 片庇物三間半、九尺
2円33銭3厘修繕局の内 小屋三間、七間
40円75銭本丸番所 
武藤 弥助10円8銭中門内高塀十七間、門付
3円81銭8厘榊門北高塀九間
小原 伊蔵39円56銭7厘焔硝蔵二間半、四間
宮田 忠治42円5千6厘2毛大手番所 
小川 市左衛門70銭井戸桁 
寺沢 為七1円修繕小屋東高塀六間
8円25銭高塀十四間
2円5銭大手根切松代 
青山 松兵衛5円50銭修繕小屋二間、二間
石岡 勇次郎37銭松の枝代 

「犬山財界資料 近江屋宗六編」所収

購入した人金額購入物大きさなど
堀尾 宗六112円20銭宗門櫓土台石残し
130円80銭屏風櫓土台石残し
185円70銭本丸多聞土台石残し

犬山市史 史料編6 近代・現代

購入先金額購入物大きさなど
専修院20円矢来門 
徳林寺23円(25円?)黒門 
常満寺73円松の丸門 
運善寺松の丸裏門? 

このように、多くの方が犬山城の門や櫓、塀などの建物を買ったことが分かりました。

その建物の多くはどうなったのかは不明です。

払い下げられた門や櫓の一覧

移築された松の丸門(写真:たかまる。)

  • 場所ごとに、売られたものを一覧にまとめた
  • いろいろな所の門や櫓などが払い下げされていた

上の表は、誰がいくらで買ったのかを知る分にはわかりやすいですが、何が売られたのかについてはわかりにくいので、場所ごとに売られていった建物たちを一覧にまとめてみました。

曲輪売られた建物など大きさなど料金
本丸千貫櫓二間半、三間12円50銭
弓矢櫓三間、四間25円
弓矢櫓(御廊下?)一丈、五間15円10銭
焔硝蔵(鉄砲櫓?)二間半、四間39円56銭7厘
本丸番所 40円75銭
本丸多聞(多門櫓?) 185円70銭
杉の丸杉の丸櫓(器械櫓?)三間半、三間20円55銭
杉の丸西櫓(御成櫓)三間、三間25円12銭5厘
杉の丸南北高塀十四間7円58銭
桐の丸桐の丸南高塀十四間半9円35銭
桐の丸練塀十四間6円8銭
宗門櫓 112円20銭
樅の丸屏風櫓 130円80銭
松の丸松の丸門 73円
松の丸裏門 
大手道黒門 13円10銭
中門内高塀十七間、門付10円8銭
矢来門 20円
大手番所 42円5銭6厘2毛
三の丸七間町西蔵庇付三間、十二間半78円50銭
七間町東蔵 58円88銭
東谷榊門北高塀九間3円81銭8厘
水の手櫓二間、三間三尺16円50銭
水の手高塀十四間5円58銭
場所不明木挽小屋二間半、五間17円10銭
米蔵庇付二間半、十一間40円10銭
四斗蔵二間、三間13円50銭
五斗蔵二間、八間28円
修繕小屋道具入り土蔵 51円50銭
稗蔵 28円
番所九尺、三間9円8銭
木工小屋二間半、八間23円8銭
修繕局の内片庇物三間半、九尺2円50銭
修繕局の内小屋三間、七間2円33銭3厘
井戸桁 70銭
修繕小屋東高塀六間1円
高塀十四間8円25銭
修繕小屋二間、二間5円50銭
大手根切り松代 2円5銭
松の枝代 37銭

このように見てみると、いろいろな所の門や櫓などが払い下げされていることがわかりました。

現存している門や櫓

移築された内田門(写真:たかまる。)

  • 記録に残っていたものも残っていなかったものもある
  • 現存している門や櫓が一部ある

払い下げの記録に載っていたり、載っていなかったりしますが、門や櫓などが移築されて現存しているもの(推定も含む)があります。

それをまとめてみましょう。

現存している建物移築先現状
矢来門専修院山門(扶桑町)扶桑町指定文化財
黒門徳林寺山門(大口町)大口町指定文化財
松の丸門浄蓮寺山門(一宮市)一宮市指定文化財
松の丸裏門常満寺山門(犬山市) 
内田門瑞泉寺山門(犬山市) 
榊門?運善寺山門(一宮市)一宮市指定文化財
宗門櫓森家土蔵(江南市) 

移築された門については、別の記事で紹介していますのでコチラも参考にしてください。

明治になって払い下げられた門や櫓のうちで、今でも残っているものがありました。

これらを大事に残していってほしいですね。

まとめ

移築された黒門(写真:たかまる。)

  • 明治になって城は不要となり、門や櫓が払い下げられた
  • 犬山城の門や櫓が払い下げられた記録が一部残っている
  • 犬山城の門や櫓で現存しているものもある

明治になって、犬山城の門や櫓が払い下げられた記録をまとめてみました。

その中から見えてきたのは、いろいろなものが払い下げられたということ。

そして、その中の一部が現存しているということです。

これらの現存しているものは犬山城内にはありませんが、各地で大切にされているので今後も大切に保存していってほしいと思います。

ということで、犬山城の門や櫓は明治になって払い下げられたというお話でした。

じゃあね🖐️

2020年02月17日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA