高取城(たかとりじょう)#061『吉野山系に築かれた日本三大山城の一つ』

日本100名城・061番・高取城(たかとりじょう)をご紹介します。

高取城(たかとりじょう)は、吉野山系に築かれた日本三大山城の一つです。

お城めぐりの参考に。

日本城郭検定を受験するときの参考に。

高取城(たかとりじょう)#061『吉野山系に築かれた日本三大山城の一つ』

日本100名城・061番・高取城(たかとりじょう)をご紹介します。

高取城(たかとりじょう)は、吉野山系に築かれた日本三大山城の一つです。

高取城は、奈良県高市郡高取町にある城跡です。

見どころ

本丸、天守台などの高石垣が見所です。

堀切や水堀などの遺構もいたるところにあり、見所はとても多いです。

特に吉野口門側の「みろく堀切」と呼ばれる巨大な堀切は見所十分です。

また山城では珍しい二の門水堀なども見所です。

主な遺構

本丸

二の丸

三の丸

石垣

移築城門

縄張(なわばり)

高取城は奈良盆地南方に連なる吉野山の標高583 m の山頂に築かれた山城です。

南北に長い尾根筋に沿って本丸、二の丸、三の丸など多くの曲輪(くるわ)が配置されていました。

そしてそこには高石垣(たかいしがき)が築かれています。

北西部には侍屋敷が多く置かれていたようです。

巨大な近世山城(きんせいやまじろ)として有名ですが、その一つに櫓(やぐら)が27基も備えられていたことが挙げられます。

山城には珍しい水堀(みずぼり)も備えられていました。

本丸は二段構えになっています。

上段に天守曲輪(てんしゅぐるわ)が設けられており、北西隅には三重三階の天主が築かれました。

天守は小天守と多門櫓(たもんやぐら)で連結されていた連結式(れんけつしき)と考えられています。

二の丸下段には大手門または御城門と呼ばれる枡形虎口(ますがたこぐち)が構えられていました。

主要部に入る重要な門だったのです。

現在では三大山城(さんだいやまじろ)として有名です。

縄張(なわばり)とは?

縄張(なわばり)の三つの基本形式

歴史

高取城は南北朝時代に越智邦澄(おちくにずみ)によって築かれたと言われています。

一時は廃城となっていましたが、筒井順慶(つついじゅんけい)によって復興し、本多太郎左衛門(ほんだたろうざえもん)と利朝(としとも)の親子が中世山城(ちゅうせいやまじろ)から近世城郭(きんせいやまじろ)へと改修しました。

高取城の基本情報

別名芙蓉城(ふようじょう)
所在地〒635-0101
奈良県高市郡高取町高取
城の種類山城
築城年代元弘(げんこう)2年(正慶(しょうけい)元年、1332)ころ
天正(てんしょう)13年(1585)
築城者越智邦澄(おちくにずみ)、本多利朝(ほんだとしとも)
主な城主越智氏、本多氏、植村氏
文化財史跡の区分国指定史跡
主な復元や整備平成10年の台風による倒木などを除去し、石垣の一部も修復された
天守の現況天守台のみ現存
アクセス近鉄吉野線「壺阪山」駅から徒歩約2時間
または「壺阪山」駅から奈良交通バス「壺阪寺行き」で「壺阪寺前」下車、徒歩約40分
日本100名城スタンプ設置場所たかとり観光案内所「夢創館」
関連施設 
リンク高取町観光ガイド
アクセスマップ

地図・マップ

まとめ

日本100名城・061番・高取城(たかとりじょう)をご紹介しました。

高取城(たかとりじょう)は、吉野山系に築かれた日本三大山城の一つです。

お城めぐりの参考にしてください。

また、日本城郭検定を受験するときの参考にしてください。

じゃあね🖐️

2020年05月01日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA