杉山城(すぎやまじょう)#119『技巧的な縄張りの武蔵の山城』

続日本100名城・119番・杉山城(すぎやまじょう)をご紹介します。

杉山城(すぎやまじょう)は、技巧的な縄張りの武蔵の山城です。

埼玉県比企郡嵐山町にある城跡(中世山城)です。

お城めぐりの参考に。

日本城郭検定を受験するときの参考に。

杉山城(すぎやまじょう)#119『技巧的な縄張りの武蔵の山城』

続日本100名城・119番・杉山城(すぎやまじょう)をご紹介します。

杉山城(すぎやまじょう)は、技巧的な縄張りの武蔵の山城です。

埼玉県比企郡嵐山町にある城跡(中世山城)です。

見どころ

小高い丘陵地に高低差を利用して作られた曲輪(くるわ)

連続する折れなどがよく見ることができます。

空堀(からぼり)切岸(きりぎし)堀切(ほりきり)といったものも多く残されており、土造りの城であることがよく体感できます。

また様々な場所に虎口が配置されており、横矢掛かりを体感することができます。

主な遺構

本郭

南二の曲輪

東二の曲輪

北二の曲輪

土塁

小口

縄張(なわばり)

小高い丘陵地の狭い尾根を巧みに利用した縄張りが見所です。

高低差を利用しておよそ10の曲輪(くるわ)が配置されています。

本曲輪を中心にして、南、東、北の三方向に曲輪群を階段状に展開しています。

土塁(どるい)堀(ほり)などで造成された縄張りは、技巧的な土づくりの城です。

いたるところに屈曲=折れが多用されており、敵を側面攻撃しやすくする工夫が見られます。

虎口(こぐち)には、ほぼ全てで食い違いや折れが施されています。

また枡形(ますがた)が設けられるなどして、高い技術力を誇っています。

本丸北側には、北方からの敵に備える切岸(きりぎし)や、裾部には堀切(ほりきり)が設けられています。

歴史

杉山城がいつ誰によって築かれたかは不明です。

しかし近年の発掘調査によって、15世紀末以降とみられる遺物が出土しました。

そのことから長享の乱(ちょうきょうのらん、1487~1505)には山内上杉氏(やまのうちうえすぎし)と扇谷上杉氏(おうぎがやつうえすぎし)に対抗して築いたという説が有力になっています。

杉山城の基本情報

別名
所在地〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町杉山
城の種類平山城
築城年代不明
築城者不明
主な城主山内上杉氏
文化財史跡の区分国指定史跡
主な復元や整備
アクセス東武東上線「武蔵嵐山」駅から徒歩約35分
日本100名城スタンプ設置場所埼玉県比企郡嵐山町役場庁舎 玄関ホール
関連施設
リンク杉山城

地図・マップ

まとめ

続日本100名城・119番・杉山城(すぎやまじょう)をご紹介しました。

杉山城(すぎやまじょう)は、技巧的な縄張りの武蔵の山城です。

埼玉県比企郡嵐山町にある城跡(中世山城)です。

お城めぐりの参考にしてください。

また、日本城郭検定を受験するときの参考にしてください。

じゃあね🖐️

2020年07月08日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA