本丸を守る最後の扉。鉄門!いまは模擬門。

犬山城の本丸を守る最後の扉があります。

それはかつて鉄門(くろがねもん)と呼ばれていました。

今は模擬門がそびえ立っています!

本丸を守る

お城には本丸や 主郭(しゅかく)と呼ばれる 最も重要な曲輪(くるわ)があります。

そこに至るまでの防御施設はどれも鉄壁を誇っていますが、それでも最後の最後に本丸から敵を阻止するのは本丸門です。

犬山城の本丸門はかつて鉄門(くろがねもん)と呼ばれていました。

門扉に鉄板が貼られていたのかもしれませんが、今では資料などがあまり残っていないため、残念ながらよくわかっていません。

▲ この坂を登ったら本丸門=鉄門が出てくるぞ

現況

現在ある本丸門は、近代になって復元された模擬門です。

模擬門とは、こんな形であっただろうという想像で作られた門を指します。

なーんだ偽物かーと思うかもしれませんが、模擬門でもあるのとないのとでは、犬山城の雰囲気は全然異なると思います。

今の模擬門があるから、ここからが本丸だということが一目瞭然ですし、門をくぐって本丸に入った時の感動はひとしおです。

▲ 案内板には絵図もあるからわかりやすい
▲ 鉄門は櫓門という重厚な門だった

それにしても本丸門は、どこも重厚な作りになっていますよね。

犬山城も櫓門という二階部分が櫓になった、厳重な守りを誇る門になっていたのですよ。

まとめ

犬山城の本丸門は厳重な作りで、本丸を最後の最後、守っていたんですね。

それと、犬山城の門については、コチラの記事でまとめています。

ご参考にどうぞ。

「犬山城の門まとめ」

犬山城の門まとめ

ということで、本丸は鉄門がどっしり守っている犬山城でした。

じゃあね🖐️

2019年02月27日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です