犬山城・西谷門(にしたにもん)。北西隅の木曽川との境にあった櫓門。

犬山城はメインの城山の他に、東西の山麓も重要な曲輪を築いていました。

西にあるのが西谷曲輪ですが、木曽川との境には門がありました。

西谷門です。

西谷と木曽川の境の門

犬山城のメインは通称・城山ですが、その東西の山麓も重要な曲輪を築いていました。

それが東谷曲輪(ひがしたにくるわ)、西谷曲輪(にしたにくるわ)で、どちらも木曽川に接していました。

川から誰でも入れてしまってはいけないので、木曽川との境に土塀が建てられていました。

現況

▲ 西谷門があったと思われる場所。

そして、その出入口になっていたのが西谷門です。

木曽川は重要な水上交通でしたので、物資などを上げたりしていたでしょう。

そのようなときに使われた出入口が西谷門(にしたにもん)だったと思われます。

▲ 木曽川に向けて建てられた西谷門は、厳重な櫓門だった。

木曽川の向こうは美濃國だったので、厳重な櫓門(やぐらもん)にしていたのでしょう。

まとめ

西谷門は西谷曲輪と木曽川との境を厳重に守っていたのですね。

それと、犬山城の門については、コチラの記事でまとめています。

ご参考にどうぞ。

「犬山城の門まとめ」

犬山城の門まとめ

ということで、西谷曲輪は俺が守ると言わんばかりの櫓門を持つ犬山城でした。

じゃあね🖐️

2019年04月03日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です